« 〔いのちのフクシマ NEWS〕 「100ベクレル以下だったら出荷できるわけですけど、わたしは食べませんよ。……買って食べてる人は放射能、ねえど思って買って食べですっぺ。どおだ? おれらは分かってるんだよ。罪の意識でつくってますって!」 / 須賀川の専業農家の、若い男性の必死の訴え、英語字幕ユーチューブで全世界拡散!/ 有力メディア「トルース・アウト」が伝える! | トップページ | 〔いのちのフクシマ NEWS〕 カリフォルニア州立大学サンタバーバラ(UCSB)校の学生新聞 (The Daily Nexus) が呼びかけ! 「フクシマを考え始めよう! わたしたちはこの悲劇で世界が崩壊してゆくのを傍観しはしない。考え・書き・発言し・行動せよ! サーフィンが、浜辺の散歩が、悲しく甘い思い出になりうることを忘れてはならない!」 »

2014-01-14

<電磁波ノート> 屋上に携帯電話基地局のアンテナが設置された那覇市内のマンション そこに住む医師の新城さんは、「大学で細胞や遺伝子の研究を長く続けていた」人だ/ 「基地局が発する電磁波は、自然界に存在しない。人体の神経細胞の電気の流れを乱し、体調不良を招いても不思議はない」と判断し、転居を決意。……短期賃貸マンションに避難した。1週間ほどで新城さんの頭痛は消え、娘たちの鼻血や耳鳴り、睡魔は治まり、長男の脈拍は70台で落ち着いた。(妻の)明美さんはひどかった肩の激痛が消えた」

 ◎ ヨミドクター(読売新聞) 2011年9月13日付け ⇒ http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=47066
 ◎ 参考 OAM(沖縄オルタナティブメディア)2012年5月2日付け ⇒ http://okinawa-am.net/before2013/report/keitaikichikyoku.html

Posted by 大沼安史 at 10:46 午前 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/58943495

この記事へのトラックバック一覧です: <電磁波ノート> 屋上に携帯電話基地局のアンテナが設置された那覇市内のマンション そこに住む医師の新城さんは、「大学で細胞や遺伝子の研究を長く続けていた」人だ/ 「基地局が発する電磁波は、自然界に存在しない。人体の神経細胞の電気の流れを乱し、体調不良を招いても不思議はない」と判断し、転居を決意。……短期賃貸マンションに避難した。1週間ほどで新城さんの頭痛は消え、娘たちの鼻血や耳鳴り、睡魔は治まり、長男の脈拍は70台で落ち着いた。(妻の)明美さんはひどかった肩の激痛が消えた」: