« 〔いのちのフクシマ NEWS〕 「彼(ヨシザワさん)は、死んだ母牛のそばで鳴く、生まれたばかりの赤ちゃんを見て、決心した。残りの牛たちを守る! そして彼は、その赤ちゃん牛に、ストローベリー(イチゴ)と名付けた」 /ニューヨーク・タイムズも、牛たちを守る浪江のカウボーイ、吉沢正巳さんの闘いを報道! 「この牛たちは、フクシマにおける人間の愚行の、生ける証だ(“These cows are living testimony to the human folly here in Fukushima,” )」! | トップページ | 〔梶村太一郎さんのベルリン通信〕 <昨年末から、わたしは安倍首相の靖国参拝は「 日本にとっては悲劇ですが、国際的には喜劇となるでしょう。外交とは悲喜劇の綾なす舞台なのです。 」と書いていますが、そのとおりになってきましたね。> ★ 梶村さんが、本ブログ記事(の足りない部分)を補足し、かみくだいて解説してくださいました! »

2014-01-12

〔いのちのフクシマ NEWS〕 「トモダチ作戦」洋上被曝 米水兵らの東電相手の損害賠償請求訴訟 再提訴 2月へ持ち越し 原告団に参加を申し出る被曝水兵の数が急増したため / 米社会運動サイト 「ムーブ・オン」が、被曝水兵をサポートする世界的な支援・請願運動を展開!

 ◎ ⇒ http://www.opednews.com/articles/Toll-of-U-S-Sailors-Devas-by-Harvey-Wasserman-Fukushima_Radiation-140111-539.html

 米政府の責任問題を除去し、日本側に対する責任追及に的をしぼった再提訴の期限は、この(1月)6日だった。
 その提訴期限を一ヵ月、延長することを裁判所(サンジエゴの連邦裁判所)が認めたのは、原告団に参加する米水兵の数が急増したためだ。

 Bay area lawyer Charles Bonner says a re-filing will wait until early February to accommodate a constant influx of sailors from the aircraft carrier USS Ronald Reagan and other American ships.

 ◎ ムーブオン 請願 ⇒ http://petitions.moveon.org/sign/we-want-justice-for-fukushim

Posted by 大沼安史 at 11:41 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマ NEWS〕 「トモダチ作戦」洋上被曝 米水兵らの東電相手の損害賠償請求訴訟 再提訴 2月へ持ち越し 原告団に参加を申し出る被曝水兵の数が急増したため / 米社会運動サイト 「ムーブ・オン」が、被曝水兵をサポートする世界的な支援・請願運動を展開!: