« <電磁波ノート> 沖縄・那覇市内のマンション / 屋上に設置された携帯電話基地局の撤去を、医師一家ら、住人が勝ち取る! / 電磁波で――「長女が鼻血を出し止まらなくなったことをはじめとして、家族全員にめまい、眠気、頭痛、不眠、不整脈などの症状が相次いだ。(夫人は)反射性交感神経性ジストロフィーを発症し、耳鳴り、ろれつが回らなくなるなどで精神的に不安定な状態に。さらにペットの犬まで吐血と下血を繰り返すという異常な事態に陥った」 | トップページ | 〔いのちのフクシマ NEWS〕 「トモダチ作戦」参加 空母「ロナルド・レーガン」乗務の海軍将校、「洋上被曝で症状。発汗・痙攣・足の筋肉が麻痺……車いす生活に」 スチーブ・シモンズさん(33歳)、こども3人、家族をかかえ苦闘 !「フクイチ放射能雲の中に少なくとも5時間以上いた」、ワシントンのテレビが報じる!  »

2014-01-13

〔いのちのフクシマ NEWS〕 米政府がヨード剤 1400万錠、緊急備蓄 / グンダーセンさん、「フクイチ事故の放射性ヨウ素は、放出後、90日で消えたはず。なのに、今、なぜ? 新たな核(原発)爆発、核爆弾の爆発を想定?(Are they going to stock pile them for another nuclear accident, another nuclear bomb explosion? )」

 ◎ エネニューズ ⇒ http://enenews.com/gundersen-govt-buying-14-million-iodide-tablets-during-nuclear-disasters-dont-big-order-audio

◎ 参考 本ブログ <米連邦政府(HHS=保健福祉省) 今月(1月)中に、ヨード剤(65mg)錠剤20個入りのパッケージを70万袋 < potassium iodide tablet, 65mg, unit dose package of 20s; 700,000 packages (of 20s) > 緊急備蓄を完了へ! ★ 昨年12月6日から急遽始めた、この「1400万(人分?)タブレット緊急備蓄」は何を意味するのか? HHSは急性白血病対策で「白血球成長因子剤」の備蓄も急遽進めている!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/01/potassium-iodid.html

Posted by 大沼安史 at 09:07 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマ NEWS〕 米政府がヨード剤 1400万錠、緊急備蓄 / グンダーセンさん、「フクイチ事故の放射性ヨウ素は、放出後、90日で消えたはず。なのに、今、なぜ? 新たな核(原発)爆発、核爆弾の爆発を想定?(Are they going to stock pile them for another nuclear accident, another nuclear bomb explosion? )」: