« 〔いのちのフクシマ NEWS〕 福島っ子、松本「留学」を 長野のNPOが寮開設 / 計画では、松本市にスタッフが常駐する寮を設け、子どもたちを共同生活させる。対象は小学3年から中学3年までで、寮費は月約3万円。家賃や光熱費はNPOが負担し、NPOの運営は助成金や募金で賄う。来年4月から実施予定で、数人の希望者がいるという。 | トップページ | 〔安倍首相 靖国参拝〕 ケリー国務長官とヘーゲル国防長官が10月3日午前、東京・三番町の千鳥ケ淵戦没者墓苑を訪れ、献花したのは、安倍政権への明確なメッセージだった! もちろん、そのとき、日本側から、千鳥ケ淵への招待はなく、それは米側のイニチアチブによるものだった! »

2013-12-26

〔安倍首相 靖国参拝〕 米国の日本大使館(東京)が‘非難’声明 / 日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している。the United States is disappointed that Japan's leadership has taken an action that will exacerbate tensions with Japan's neighbors. / 米国は、首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目する。

★ これは異例も異例なことではないか!

 

 ★は大沼 ◎ 26日付け 「安倍首相の靖国神社参拝(12月26日)についての声明」
 ⇒ http://japanese.japan.usembassy.gov/j/p/tpj-20131226-01.html#.UrvI8FK6lBd.twitter

 *下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

 2013年12月26日

 日本は大切な同盟国であり、友好国である。しかしながら、日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している。

 米国は、日本と近隣諸国が過去からの微妙な問題に対応する建設的な方策を見いだし、関係を改善させ、地域の平和と安定という共通の目標を発展させるための協力を推進することを希望する。

 米国は、首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目する。

       #

 声明(英語正文)は以下の通り。

 Statement on Prime Minister Abe's December 26 Visit to Yasukuni Shrine
December 26, 2013

 Japan is a valued ally and friend. Nevertheless, the United States is disappointed that Japan's leadership has taken an action that will exacerbate tensions with Japan's neighbors.

 The United States hopes that both Japan and its neighbors will find constructive ways to deal with sensitive issues from the past, to improve their relations, and to promote cooperation in advancing our shared goals of regional peace and stability.

 We take note of the Prime Minister’s expression of remorse for the past and his reaffirmation of Japan's commitment to peace.

Posted by 大沼安史 at 08:53 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔安倍首相 靖国参拝〕 米国の日本大使館(東京)が‘非難’声明 / 日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している。the United States is disappointed that Japan's leadership has taken an action that will exacerbate tensions with Japan's neighbors. / 米国は、首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目する。: