« 〔いのちのフクシマ NEWS〕 「トモダチ作戦」被曝水兵再提訴へ。担当弁護士は言った、「彼ら(東電当局者)は、すでに完全メルトダウン状態にあるときに、人々に嘘をつき、米軍に嘘をついた」/ 東電、米「ミリタリー・コム」の取材に回答せず! | トップページ | 〔いのちのフクシマ NEWS〕 地下25mでも放射性物質検出/ 地下水層との間の水を通さない「不透水層」を隔てた、さらに深い地下水にも汚染水が混じりこんでいる可能性 ★ ついに深層地下水の汚染(の恐れ)」を確認! »

2013-12-21

〔いのちのフクシマ NEWS〕 「東電は、米側に、3~4日間、フクイチの放射能データをよこさなかった(Tepco didn’t give U.S. radiation data for 3 to 4 days)」 米国防総省防衛脅威低減局(DTRA)の当局者が‘証言’ 「トモダチ作戦」洋上被曝の水兵らの「知らずに被曝」訴えを裏付け! 「エネニュース」が発掘・報道

 
 ★は大沼 ◎ エネニュース 書き起こし ⇒ http://enenews.com/fox-host-i-wasnt-aware-sickness-among-navy-sailors-was-so-widespread-after-fukushima-experts-say-there-was-dangerous-levels-of-radiation-in-the-air-and-ocean-tepco-didnt-give-u-s-radiation-r

  メリス氏  “A little bit of a hiccup along the way to be honest with you. The Tepco readings were actually 3 to 4 days before they actually gave us the readings of what the buoy markers were.”

 ◎ メリス氏の報告(音声記録 at 6:15 )
 ⇒ https://ams.confex.com/ams/92Annual/flvgateway.cgi/id/19748?recordingid=19748

 ★ エネニュースが掘りだした、この米当局者(ロナルド・メリス氏)による証言は、昨年(2012年1月22~26日)に開かれた「米気象協会シンポジウム」で、行なわれたもの。
 (シンポジウム ⇒ https://ams.confex.com/ams/92Annual/webprogram/Paper199867.html

 この証言で重要なのは、米側にフクイチのメルトダウンの真相が、3~4日間、伝わったいかなかったことが確認されたことだ。

 「トモダチ作戦」に従事した空母「ロナルド・レーガン」の水兵たちの、東電相手の訴えを裏付けるもので、東電による隠蔽工作(?)の罪深さを示すものとなった。

Posted by 大沼安史 at 11:57 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマ NEWS〕 「東電は、米側に、3~4日間、フクイチの放射能データをよこさなかった(Tepco didn’t give U.S. radiation data for 3 to 4 days)」 米国防総省防衛脅威低減局(DTRA)の当局者が‘証言’ 「トモダチ作戦」洋上被曝の水兵らの「知らずに被曝」訴えを裏付け! 「エネニュース」が発掘・報道: