« 〔琉球新報〕 米保守系シンクタン「ヘリテージ財団」の上級研究員(元CIA分析官)が<日本に指南 「不承認なら(新年度予算で)交付金停止を」> / 「不承認は補助金凍結の引き金になり、沖縄は経済的苦境に直面するだろう」とし、沖縄を事実上“恫喝(どうかつ)”するよう要求している」★ 米タカ派研究員が、「美しい国のポチたち」を‘振り付け’? | トップページ | 〔いのちのフクシマ NEWS〕 洋上被曝の米空母「ロナルド・レーガン」の乗務員(対東電訴訟原告)、リンゼイ・クーパーさんが証言:「わたしたち〔空母「ロナルド・レーガン」〕は、(ヨコスカなど)日本のどの港からも――グアムや韓国の港からも入港を拒否された」「被曝していない僚船は、わたしたちに近寄ることを許されず、わたしたちは救援を受けることができなかった」/ 「日本海に逃げても、採水した淡水化海水はまだ放射能に汚染されていた。まるで<死刑判決>に追いかけ回されているようだった」 »

2013-12-24

〔いのちのフクシマ NEWS〕 「黒い(放射能)雪」で、洋上被曝! 「トモダチ作戦」の米空母「ロナルド・レーガン」 その日、甲板乗務員らの上に、突然、雪が降りしきった。「金属の味がする雪」だった。雪は、ナマ暖かい風が来てから降り出した! その時、乗員たちは、汚染された雪とも知らず、「放射能の雪、だったりして」とジョーク言い、ビデオに撮った!/★ 「雪」は双葉町の井戸川町長らの上にも降った! そして、それは、あの「第五福竜丸」の上にも!!!

Japan1  ★は大沼 ◎ 鮮明な写真と記事は ⇒  ニューヨーク・ポスト 22日付け Navy sailors have radiation sickness after Japan rescue
 ⇒ http://nypost.com/2013/12/22/70-navy-sailors-left-sickened-by-radiation-after-japan-rescue/

 ◎ 英文記事の関係部分は以下の通り。↓

 Navy sailor Lindsay Cooper knew something was wrong when billows of metallic-tasting snow began drifting over USS Ronald Reagan.

 “I was standing on the flight deck, and we felt this warm gust of air, and, suddenly, it was snowing,” Cooper recalled of the day in March 2011 when she and scores of crewmates watched a sudden storm blow toward them from the tsunami-torn coast of Fukushima, Japan.

  The tall 24-year-old with a winning smile didn’t know it then, but the snow was caused by the freezing Pacific air mixing with a plume of radioactive steam from the city’s shattered nuclear reactor.

  Now, nearly three years after their deployment on a humanitarian mission to Japan’s ravaged coast, Cooper and scores of her fellow crew members on the aircraft carrier and a half-dozen other support ships are battling cancers, thyroid disease, uterine bleeding and other ailments.

“We joked about it: ‘Hey, it’s radioactive snow!’ ” Cooper recalled. “I took pictures and video.”

            #

Lindsaycooper

 ポスト紙の記事で、「ロナルド・レーガン」のリンゼイ・クーパー甲板員(24歳 写真)はさらに、涙ながらに、こう言っている。

 「甲状腺の異常で体重が30キロくらい減って、そのあとリバウンドした。月経も半年止まった。子どもを産めない。わたしはボロボロだ」

 But now “my thyroid is so out of whack that I can lose 60 to 70 pounds in one month and then gain it back the next,” said Cooper, fighting tears. “My menstrual cycle lasts for six months at a time, and I cannot get pregnant. It’s ruined me.”

 ★ 空母「ロナルド・レーガン」は韓国との合同演習に参加するため、フクシマ沖を航行中、3・11に遭い、そのまま、被災地の救援活動に参加した。

 彼・女らは、わたしたちの「恩人」であり、「トモダチ」である。

 もう隠しきれない! ニューヨーク・ポスト紙まで書きだした。

 原告団は年明けまでに再提訴する!

 日本国内ではごまかせても、アメリカでは通じない!

 東電はすみやかに謝罪し、損害賠償に応じるべきではないか?

 

Posted by 大沼安史 at 12:11 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマ NEWS〕 「黒い(放射能)雪」で、洋上被曝! 「トモダチ作戦」の米空母「ロナルド・レーガン」 その日、甲板乗務員らの上に、突然、雪が降りしきった。「金属の味がする雪」だった。雪は、ナマ暖かい風が来てから降り出した! その時、乗員たちは、汚染された雪とも知らず、「放射能の雪、だったりして」とジョーク言い、ビデオに撮った!/★ 「雪」は双葉町の井戸川町長らの上にも降った! そして、それは、あの「第五福竜丸」の上にも!!!: