« 〔フクシマ核惨事〕 「黒い物質」、「核燃料飛散」(Fuel dispersal)による疑い 米「エネニューズ」が報道 / 米NRC(原子力規制委員会)の2011年10月時点の資料に、「核燃の飛散は冷却材喪失事故(LOCA)での核燃料の破損で、ほとんど常に起こる。フクイチでも起きたらしい(likely occurred in the Fukushima Dai-Ichi accident )」との指摘! | トップページ | 〔梶村太一郎さんのベルリン通信〕 「バーナムの森は動いた 秘密保護法強行採決は安倍政権の終わりの始まりだ!」(海渡雄一弁護士) : 「政府があくまで、この法案を施行しようとするなら、第一号の秘密法違反事件の被告人を弁護するために、1000人の弁護士を組織し、あらかじめ大弁護団を結成しておきたい」/ そしてドイツの笑い話 「国家秘密」 : 裁判長「被告人を懲役2年の刑に処す!」被告人「えっ!いったい理由は?」裁判長「国家秘密です」 »

2013-12-11

〔フクシマ核惨事〕水深50メートル・レベルのフクイチ汚染水塊、5年後(2016年)に米西海岸へ到達 水深100メートルでも、ほぼ同じ軌跡 ただしスローな動き 水深200メートルでは「一直線」に北米沿岸へ /米マサチューセッツ・ダートマス両大学の研究チームが報告

 ⇒ http://enenews.com/university-researchers-assess-impact-of-fukushima-plume-on-u-s-some-models-show-near-straight-line-to-west-coast-experts-radionuclides-didnt-dilute-as-officials-had-claimed-cause-for-seriou

   http://fvcom.smast.umassd.edu/research_projects/FVCOM_Tsunami/

◎水深50メートル

Particle_50m_small ◎水深200メートル

Particle_200m_small

         

 ◎水深100メートル(↓)

Particle_100m_small

At 50 m, particles spread over a large region and reach the western US coast after 5 years. At 100 m, the eastward moving particles shows similar trajectories to the 50-m particles,but still slower. At 200 m, particles stay in the narrow region and move eastward. At 400 m, trajectories of particles are similar to those at 200 m.

Posted by 大沼安史 at 03:31 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ核惨事〕水深50メートル・レベルのフクイチ汚染水塊、5年後(2016年)に米西海岸へ到達 水深100メートルでも、ほぼ同じ軌跡 ただしスローな動き 水深200メートルでは「一直線」に北米沿岸へ /米マサチューセッツ・ダートマス両大学の研究チームが報告: