« 〔Fukushima Diary〕 南相馬市 コムラサキシメジから、43万4000ベクレル! 安全基準の4340倍!434,000 Bq/Kg of Cs-134/137 from Shimeji mushroom in Minamisoma city / 4,340 times much as “safety limit” | トップページ | 〔いのちのフクシマ NEWS〕 フクイチ被曝地の汚染状況マップ化で活動を続ける、放射能測定ネットワーク「SAFECAST」が「セーフキャスト・エア・フォース(無人飛行機プログラム)」を開発、早くもことし5月に、試験飛行に成功! 飛行中に放射能を測定をしながら、wifiを利用して、現場を生中継! ★ これはIAEAはおろか、ブリストル大学のものより、断然、先行している!  »

2013-12-21

〔いのちのフクシマ NEWS〕 英ブリストル大学が、フクイチ向けに「放射能モニタリング・無人ヘリ(ドローン)を開発 来年、現地でテスト飛行へ/ ★ IAEAも同様の無人ヘリを導入しようとしているが、ブリストル大学の方が一歩、先を行っているような気がする。

 ★は大沼 ◎英「チャンネル4」17日(ビデオ映像つき)⇒ http://www.channel4.com/news/could-british-drones-help-with-fukushima-clean-up

 IAEAでは、2年後から、自前のモニタリング・無人ヘリを飛ばしたいとしているが、ブリストル大学よりも出遅れている。

Posted by 大沼安史 at 11:11 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマ NEWS〕 英ブリストル大学が、フクイチ向けに「放射能モニタリング・無人ヘリ(ドローン)を開発 来年、現地でテスト飛行へ/ ★ IAEAも同様の無人ヘリを導入しようとしているが、ブリストル大学の方が一歩、先を行っているような気がする。: