« 〔特定秘密保護法〕1985年6月25日、当時、自民党が提案していた「国家機密法案」に対し、公明党の平石磨作太郎・衆議院議員は、こう反対討論を行なった!「恒久平和をうたった我が国の平和憲法上、さらに人権尊重主義の立場から考えて……私どもはこの法案には反対であります。それともう一つ、国家秘密の件でありますが、秘密とは一体何かという概念が明らかにされておりません。したがって、この国家秘密につきましては政府、行政に全く白紙委任という形でこれをゆだねるわけにはまいりません」 | トップページ | 〔特定秘密保護法〕 日本の「自由と民主主義」を「速攻」で葬り去ろうとする安倍首相が、マンデラ氏の追悼で「談話」 : 我が国は、今後ともマンデラ元大統領の想いを胸に、「自由とより良い世界に向けた長い道」を、南アフリカ共和国と共に歩んでいく所存です――だと。/ 「情報アパルトヘイト(隔離政策)」を許してはならない! »

2013-12-06

〔特定秘密保護法〕 朝日新聞(6日朝刊2面) : 「国会が大荒れになった5日夜、安倍首相は東京・四谷の焼き肉店へ秘書官と食事に出かけた。着任したばかりの女性秘書官の歓迎会だった」

朝日」の2面の主見出しは「暴走 1強国会」。その横に「首相不在、雑な審議」と出ていた。

 4面の「首相動静」によると、

 6時59分、東京・四谷の焼き肉店「龍月園」。秘書官と食事。

 9時18分、東京。富ケ谷の自宅。

 約2時間の「空白」。

 おなかの中だけは、充実した、政治そっちのけ(?)の、歴史的な、政治史に残る「2時間」。

  ◎ 龍月園は夜の平均予算が「6000~7999円」と、「食べログ」に出ていた。
  ⇒ http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130902/13012155/dtlratings/#price_dinner

Posted by 大沼安史 at 08:12 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔特定秘密保護法〕 朝日新聞(6日朝刊2面) : 「国会が大荒れになった5日夜、安倍首相は東京・四谷の焼き肉店へ秘書官と食事に出かけた。着任したばかりの女性秘書官の歓迎会だった」: