« 〔特定秘密保護法〕 (11月28日)東京都内で記者会見した栗原彬(くりはら・あきら)立教大名誉教授(政治社会学)は「全ての情報を統制したナチスドイツの全権委任法に当たる」と指摘。/ 小森陽一(こもり・よういち)東大教授(文学)は「『秘密保護』とは欺瞞(ぎまん)で、本質は『国家秘密隠蔽(いんぺい)法』だ。国民の主権者性を根本から奪ってしまう。解釈改憲に明確に結びつくものだ」 | トップページ | 〔コラム 机の上の空〕 究極の悪をただす、祈りのコモンセンス »

2013-12-01

〔特定秘密保護法〕 しんぶん赤旗 : 開戦前夜 国民を統制 国防保安法(1941年施行) いま狙う 秘密保護法案 戦争への道 / 「知らぬ間」に犯罪者とされ、処罰される仕組みは秘密保護法案も同様です。共通点は、秘密の漏えいとともに探知・収集が処罰対象とされ、それらを教唆、扇動した者、その予備・陰謀までもが処罰されたことです。教唆は漏えいが実行されなくても処罰されます。秘密保護法案では、「陰謀・予備」が「共謀」に置き換えられているだけです。

 ⇒ http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-12-01/2013120101_01_1.html

Posted by 大沼安史 at 01:15 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔特定秘密保護法〕 しんぶん赤旗 : 開戦前夜 国民を統制 国防保安法(1941年施行) いま狙う 秘密保護法案 戦争への道 / 「知らぬ間」に犯罪者とされ、処罰される仕組みは秘密保護法案も同様です。共通点は、秘密の漏えいとともに探知・収集が処罰対象とされ、それらを教唆、扇動した者、その予備・陰謀までもが処罰されたことです。教唆は漏えいが実行されなくても処罰されます。秘密保護法案では、「陰謀・予備」が「共謀」に置き換えられているだけです。: