« 〔フクシマ核惨事〕 北米西海岸沿岸のヒトデ大量死 米国の専門家、「フクイチ放射能の可能性を排除せず」 サンフランシスコ・クロニクルが報道 | トップページ | 〔ワシントンポストがスクープ報道〕 米NSA(国家安全保障局)が、グーグルのクーキー、“PREF” で、ターゲットのブラウザーを特定/ ターゲットのネット上でのコミュニケーションさえも特定し、ハッキング・ソフトウエアを送り込み ★ 安倍政権はまずもって、NSAの魔手から、日本国民のプライバシー(個人情報)を守るべきだ! »

2013-12-11

〔机の上の空の光〕 屋久島の詩人 山尾三省さんに こういう詩がある 「南無浄瑠璃光 われらの病んだ文明社会を癒したまえ」 「南無浄瑠璃光 われら人の内なる薬師如来 われらの日本国憲法九条をして 世界の すべての国々の憲法第九条に 取り入れさせたまえ……」

 ◎ 以下は大沼

 南無浄瑠璃光。
 あさみどりの、朝の陽の、光の輪よ。

Dsc07811_convert_20131210132017

 あさみどりの、光の輪は、わたしたちの祈りの形象、である。

 祈りのかたち――それも、希望の祈りの。

 そうでなくて、これは、何であろう。

               ◇

 わたしは、アメリカのロバート・ランツァさんがいうように、「現実とは我々の意識を必要とするプロセスである」と思っています。

 つまり、わたしたちの意識は――希望は、祈りは――現実を変えることができる。

 意識とはいのちですから、いのちの願いは、世界を変えることができる。

 わたしは、三省さんの「祈り」とは、そういうものだと思います。

 ◎ 上記引用は、野草社から出ている三省さんの詩集『祈り』より。
 (本ブログ 右隅の「お薦めの本」欄に、購入のためのアイコンがあります)

Posted by 大沼安史 at 09:30 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔机の上の空の光〕 屋久島の詩人 山尾三省さんに こういう詩がある 「南無浄瑠璃光 われらの病んだ文明社会を癒したまえ」 「南無浄瑠璃光 われら人の内なる薬師如来 われらの日本国憲法九条をして 世界の すべての国々の憲法第九条に 取り入れさせたまえ……」: