« 〔特定秘密保護法を廃止しよう!〕 大木晴子さんは、いま、こう呼びかけている。/ さあ、これからよ! ほんとうのたたかい。一銭五厘の旗! たくさん、たくさん、掲げましょう! | トップページ | 〔いのちのフクシマ NEWS〕 佐野千遥博士らが土壌発酵による放射能除染技術の会見をするも、NHKは「これは放映してはならない」と指示! 地域の機関も一切報道せず! »

2013-12-07

〔コラム 机の上の空〕 年賀状には、「ことしこそ、悪法廃棄・世直しの年にしよう」と書こう!

  安倍政権の下で、わたしたちの、ほんとうに美しい国は、とうとう、恥を墨で上塗りする、愚劣な秘密国家に成り果ててしまった。

 故意や過失による、政治や行政の犯罪・不法行為を隠すことは、たとえ、それが表面化しなくとも、恥であり、罪である。

 それを「秘密保護」の名の下に「合法化」し、永田町と霞が関の排液とともに垂れ流しにしてしまうことは、恥と罪を、無責任の毒液で塗りつぶす、この上なき、悪事である。

 「彼ら」は、それを、した!

          #   (↓ 下に続く)

          #

 「特定秘密保護法」とは、政治と行政の「偽表示」である。

 法律名で表示されたごとく、「特定の秘密」を保護するもの、ではない。

 「不特定の悪事」を保護するものである。悪事を働いた(あるいは働かされた)「彼ら」を――悪事の中身を、特定せず、何が何でも、「保護」するものである。

 政治犯罪、行政犯罪の一括免責法……それが、今回、「彼ら」が強行採決したものだ。

           #

 それを理解するには、「沖縄返還」にからむ「密約」を思い起こせば足る。

 あれは「秘密の約束」でもなんでもなく、国民をだまし切った、政治と行政の「犯罪」である。

 日本の当局は、「悪事」を「機密」と言い換え(偽表示し)、そのうえ、「なかったこと」にしてしまった。

          #

 「特定秘密保護法」がない時代に、「真実」を暴いた西山記者を逮捕したときの総理大臣は、A級戦犯なのになぜか釈放された兄を、巣鴨まで迎えに行き、「これで、おれたちも民主主義者だ」と言ったとか言われる、あの男である。

 その兄の孫が、今回、祖父がやった「60年安保」と肩を並べそうな、「稀代の悪法」を通した男である。

          #

 「彼ら」が望んでいるのは、「特定秘密保護法」がある時代である。

 われわれは、それを望まない。

          #

 今回の強行採決でわかったのは、「彼ら」が、国民が「真実」を知ることを、心底、恐れていることだ。

 だから、トイレにでも駆け込むような、醜い姿と悪人面をさらしながら、「可決・成立」の「ゴール」に駆け込んだのだ。

          #

 「彼ら」はなぜ、恐れているのか?

 それは自分たちの犯罪が――政治と行政の悪事が、暴露されることである。

 自分たちが刑事訴追されることである。国家賠償訴訟が相次ぐことである。

 権力の崩壊と刑務所行きが怖いのだ。

          #

 「彼ら」の恐怖リストの筆頭にあるのは、フクシマであろう。

 「フクシマの真実」がこの先、さらに国民(そして国際社会)の知るところとなれば、東京五輪もクソもなくなる。

          #

 あるいは、政治と行政が食い物にしてきた国家財政の惨憺たる実態。

 「彼ら」を「強行採決」へ向けて突進させた、恐怖の背景にあるものとは、現在進行中の――そして、未来においてさらに悪化する、「彼ら」にとっての体制的な危機である。

 「彼ら」は「まったなし」のところへ追い込まれていたから、国民に批判されるのを覚悟で、「強行」したのである。

          #

 そして、「彼ら」の「強行」は、彼らのほんとうの姿を、まぎれもない形で――国民の前に、自らさらけだした。

 今回の強行劇で、政治の正体を、行政の正体を知った、「政治に無関心な若者」も「ふつうの主婦」も、多いことだろう。

 「彼ら」の黒々とした姿が、国民の視線の焦点に、くっきり、浮上したのである。

 「彼ら」の政治的スローガンが「偽表示」に過ぎないことも、残像としながら……。

          #

 「彼ら」が望んでいるのは、「特定秘密保護法」がある時代である。

 われわれは、それを望まない。

 消費増税が行なわれる新年は、悪法を廃棄し、悪政をただす世直しの年になる。

         #

 「彼ら」は、稀代の悪法を、狡猾な筆で、法律として書いた。

 わたしたちは、すがすがしい気持ちで、

 年賀状にはきっと、

 「ことしこそ、世直しの年にしよう」

 と書こう!

Posted by 大沼安史 at 11:39 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム 机の上の空〕 年賀状には、「ことしこそ、悪法廃棄・世直しの年にしよう」と書こう!: