« 〔特定秘密保護法〕 AP通信が、靴(スニーカー)投げプロテストの写真を、全世界拡散報道!/ ★ ブッシュ大統領もバグダッドで靴を投げつけられたっけ! その時、米国の夜のトークショーは、大いに盛り上がったものだ。 | トップページ | 〔特定秘密保護法〕 声明 (反対・賛成) 一覧 »

2013-12-07

〔特定秘密保護法〕 米国務省のハーフ副報道官 「普遍的な価値である報道・表現の自由への共同のコミットは、われわれ日米同盟の鍵となる基盤」と、繰り返し強調 「機密情報の保護も重要」と、一般論としては述べたが、特定秘密保護法そのものに対しては、「日本で論争が続いていることだ。これ以上、コメントできない」と、慎重姿勢を示した! 

          ↓ (下につづく)

 米国務省のハーフ副報道官のコメント(記者とのやりとり)
 ⇒ http://www.state.gov/r/pa/prs/dpb/2013/12/218491.htm#JAPAN

 を読む限り、日本のマスコミの、たとえば、「特定秘密保護法 米政府は歓迎の意向」(日テレ)といった、ヨイショ報道を、すんなり鵜呑みするわけにはいかない。
 日テレ ⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20131207-00000027-nnn-int

 ハーフ副報道官は、「当然のことだが、われわれは彼ら(安倍政権)に対して、前面に出てきたトピック(自由の問題)について、話し続けることになろう」と述べ、安倍政権の暴走にこんご、歯止めをかける意向をにおわせている。

 つまり、アメリカのオバマ政権は、安倍政権の「報道・表現の自由」つぶしに対し、懸念を表明したわけ。

 これがハーフ副報道官のコメントのほんとうの中身であり、もろ手を挙げて歓迎の意を表明したわけではない。 

 QUESTION: National secret protection law has finally passed the parliament in Japan today. Can we have any comment on that?

 MS. HARF: I do. Just give me one second. As you know, information security plays a critical role in alliance cooperation, and we welcome progress on strengthening policies, practices, and procedures related to the protection of classified information. A foundation of our alliance is also a shared commitment to universal values, freedom of expression, freedom of the press, so those are – that’s our response to that. Obviously, we’ll continue talking to them about it if --

 QUESTION: Is the freedom --

 MS. HARF: -- it’s a topic that comes up.

 QUESTION: The last part is regarding this huge national debate in Japan that law might – press – the freedom of press practice in Japan. Is that the reaction you are making?

 MS. HARF: Well, as I said, a key part of our alliance is also the – our shared commitment to freedom of the press, and we believe it’s also important to protect classified information. So obviously – I know there’s been some debate about this there, but this is the extent of our response to that.

 QUESTION: Did you know that – I mean, can you comment on this law’s character? It has been long requested from the United States for Japan to prepare it.

 MS. HARF: I just don’t have any further comment on this new Japanese law.

  Yeah, in the middle.

Posted by 大沼安史 at 07:05 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔特定秘密保護法〕 米国務省のハーフ副報道官 「普遍的な価値である報道・表現の自由への共同のコミットは、われわれ日米同盟の鍵となる基盤」と、繰り返し強調 「機密情報の保護も重要」と、一般論としては述べたが、特定秘密保護法そのものに対しては、「日本で論争が続いていることだ。これ以上、コメントできない」と、慎重姿勢を示した! :