« 〔フクイチ核惨事 ツイッター 証言〕 3号機爆発後、茶褐色の雲、浪江町大堀付近上空で渦を巻き、津島方向に向かう! | トップページ | 〔トモダチ水兵被曝訴訟〕 空母「ロナルド・レーガン」の甲板員らが日本側の隠蔽工作により被曝させられとして、東電を相手どって起こしていた損賠賠償訴訟で、サンジエゴの連邦裁判所は11月26日、日本政府の不正行為の司法判断は権限外として、訴えを却下した。原告側は、日本政府の「陰謀」部分を外したかたちで再提訴する。 »

2013-12-18

〔死の灰液を太平洋に垂れ流し〕 「トリチウムは処理できる」! 米キュリオン社がHPに、ブルームバーグ報道を掲載し、技術力をアピール ★ 日本政府は「トリチウムは処理技術がない」と言って、安上がりな「希釈して垂れ流し」を選ぼうとしているのではないか?

 ★は大沼 ◎ 米キュリオン社HP(日本語)⇒ http://www.kurion.com/jp

 ◎ 本ブログ参考記事 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2013/12/post-97e7.html

 同社のサイト(日本語版)には、以下のように記載されている。

 Bloomberg Newsによれば、米国エネルギー省のアーネスト・モニーツ(Ernest Moniz)長官は、キュリオンが「汚染水から放射性同位体であるトリチウムを除去するための技術を有し」、また「その技術を福島の原子力発電所に導入することができる」と述べました。

 これは、日本政府、あるいはIAEAの言う、「トリチウム除去技術はないから、薄めて(基準内にして)流してしまえ」という主張を否定する言明である。

 日本政府は、結局、キュリオンの技術を導入すると、処理に金がかかるから、処理技術がないものにして、「垂れ流し」するつもりなのか?

Posted by 大沼安史 at 12:42 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔死の灰液を太平洋に垂れ流し〕 「トリチウムは処理できる」! 米キュリオン社がHPに、ブルームバーグ報道を掲載し、技術力をアピール ★ 日本政府は「トリチウムは処理技術がない」と言って、安上がりな「希釈して垂れ流し」を選ぼうとしているのではないか?: