« 〔いのちのフクシマ NEWS〕 「黒い(放射能)雪」で、洋上被曝! 「トモダチ作戦」の米空母「ロナルド・レーガン」 その日、甲板乗務員らの上に、突然、雪が降りしきった。「金属の味がする雪」だった。雪は、ナマ暖かい風が来てから降り出した! その時、乗員たちは、汚染された雪とも知らず、「放射能の雪、だったりして」とジョーク言い、ビデオに撮った!/★ 「雪」は双葉町の井戸川町長らの上にも降った! そして、それは、あの「第五福竜丸」の上にも!!! | トップページ | 〔沖縄タイムス〕 社説で、仲井真弘多知事に「公開質問状」 「不可解な事が多すぎる」/ 仲井知事が唐突ともいえる「要請書」を安倍晋三首相に提出して以来、県内では「条件闘争だ」「承認への布石か」など、さまざな臆測が広がり、異常な事態に陥っている。 そもそも要請書はどういう性格のものなのか。3月の政策協で知事は米軍普天間飛行場の県外移設を求める立場を主張していた。それが基地負担軽減を求めた今回の要請書に「県外移設」が見当たらないのはどういうわけか。 ……知事は政府への要請書に関する疑問に答えてもらいたい。 »

2013-12-24

〔いのちのフクシマ NEWS〕 洋上被曝の米空母「ロナルド・レーガン」の乗務員(対東電訴訟原告)、リンゼイ・クーパーさんが証言:「わたしたち〔空母「ロナルド・レーガン」〕は、(ヨコスカなど)日本のどの港からも――グアムや韓国の港からも入港を拒否された」「被曝していない僚船は、わたしたちに近寄ることを許されず、わたしたちは救援を受けることができなかった」/ 「日本海に逃げても、採水した淡水化海水はまだ放射能に汚染されていた。まるで<死刑判決>に追いかけ回されているようだった」

★ 「死の灰」にまみれ、飲用淡水化海水まで汚染されていた「ロナルド・レーガン」!

  「トモダチ」水兵たちの、この、被曝受難!

            # ↓

 ★は大沼 ◎ エネニュース ⇒ http://enenews.com/navy-sailor-japan-refused-ship-radioactive-literally-being-chased-death-sentence-radiation-everywhere-gundersen-like-horror-movie-beast-never-killed-worst-pacific-video
 ◎ 「EON(エコロジカル・オプション)ニューズ・ネット」インタビュー(ユーチューブ)20日公開 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=DSz1wGc1PcU&feature=youtu.be 

       #

 ★ クーパーさんによると、空母「ロナルド・レーガン」は、ロックダウン(★おそらくは、核戦争気密モードで、ハッチというハッチを閉鎖したのではないか)日本の反対側(★ 津軽海峡経由で日本海)へ避難したそうだ。しかし、日本海に入っても、空母の「水」(★採取した海水を淡水化したもの)は放射能で汚染されたままだった。どこへ避難してもダメ。それはまるで「死刑判決」に追いかけられるようだった――という。

       #

At 9:40 in

Lindsay Cooper, USS Ronald Reagan crew member during 3/11 rescue operations in Japan: You could tell the entire command was concerned because they were trying to do everything possible that they could to take care of us. We couldn’t get any assistance from ships because ships weren’t allowed to come in the area that weren’t already exposed to radiation. No ports would let us in. Japan wouldn’t let us in because we had too much radiation. Guam wouldn’t let us in, Korea [too].

At 13:30 in

Cooper: It got to the point where the water’s contaminated, we’re going to have a lock down, we’re going to go on the opposite side of Japan and try and get away over there. As soon as we got there, our water was still contaminated. So it was just where ever we went, it was an ongoing issue with radiation. We were being chased, literally, by a death sentence.

Posted by 大沼安史 at 01:08 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマ NEWS〕 洋上被曝の米空母「ロナルド・レーガン」の乗務員(対東電訴訟原告)、リンゼイ・クーパーさんが証言:「わたしたち〔空母「ロナルド・レーガン」〕は、(ヨコスカなど)日本のどの港からも――グアムや韓国の港からも入港を拒否された」「被曝していない僚船は、わたしたちに近寄ることを許されず、わたしたちは救援を受けることができなかった」/ 「日本海に逃げても、採水した淡水化海水はまだ放射能に汚染されていた。まるで<死刑判決>に追いかけ回されているようだった」: