« 〔フクシマ核惨事〕 <ロイターが特報> ホームレスたちがフクシマの除染作業にリクルートされている!(Special Report: Japan's homeless recruited for murky Fukushima clean-up)/ 仙台駅で人集め ゼネコンとつながる暴力団 元プロレス・プロモーターもリクルーターに/ 長文の調査報道レポート 全世界に拡散 | トップページ | 〔電磁波・NEWS〕 「NPO・テクノロジー犯罪被害ネットワーク」が「テクノロジー犯罪と嫌がらせ犯罪を撲滅するための要望書」を安倍首相に提出! »

2013-12-30

〔電磁波・NEWS〕 <原子核物理学の専門家として伊方原発訴訟の原告を全面支援し、携帯電話や送電線の電磁波による人体影響も研究領域とする荻野晃也氏(「電磁波環境研究所」主宰)がインタビューで問題の深刻さを訴え! 「原発の放射線も、携帯電話の電磁波も、生体への影響はよく似ている」「メディアと最高裁には責任がある」>

 ◎ マイニュース ⇒ http://www.mynewsjapan.com/reports/1893

0705n

     ◇ 参考図書 荻野晃也著 

      『健康を脅かす電磁波』 (緑風出版)

   ⇒ http://www.ryokufu.com/isbn978-4-8461-0705-5n.html

             #

 ◇ 関連(本ブログ記事) * <沖縄 (国頭村・米国VOA放送送信所周辺)では、強力な電波で、「木の葉が歌い」「屋根が笑って」いた!>
   ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2013/11/post-4394.html 
  * 1971年5月15日 国会・外務委員会、沖縄及び北方問題に関する特別委員会連合審査会 議事録
   ⇒ http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/065/0115/06505150115001c.html

 ◇ 関連 * NPO・テクノロジー犯罪被害ネットワーク ⇒ http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/
  (人的嫌がらせ、電磁波、超音波などを悪用した、組織犯罪を訴えるための会です。被害者の会は、宗教団体・政治団体とは一切関係ありません。当会の確認被害者が1,242名を超えました)

Posted by 大沼安史 at 12:59 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔電磁波・NEWS〕 <原子核物理学の専門家として伊方原発訴訟の原告を全面支援し、携帯電話や送電線の電磁波による人体影響も研究領域とする荻野晃也氏(「電磁波環境研究所」主宰)がインタビューで問題の深刻さを訴え! 「原発の放射線も、携帯電話の電磁波も、生体への影響はよく似ている」「メディアと最高裁には責任がある」>: