« 〔新しい年 あじさいの国へ〕 米国の著名ジャーナリスト、ジェームズ・ファロー氏が認定! 日本、「自己敗北の新チャンピオン」に! Our New Champion in Self-Defeating Soft Power: Japan ★ 安倍首相の「強行参拝」のおかげで、わたしたちの「美しい国」は、こんな脆弱な、「自虐(?)の国」になり果ててしまった! | トップページ | 〔いのちのフクシマ NEWS〕 北欧の研究チームがさらに警告!:<フクイチ核惨事を体験した被曝犠牲者、こんど80年以内に、最も少なくて( AT LEAST )1~30万人が、感染症、心血管疾患、遺伝子疾患、癌で死亡。それとほぼ同じ数の人々が、長期入院・治療を余儀なくされる! こんご80年間に生まれる人間も、これに匹敵する死と病気に苦しむ! 死産児は10万人を超し、ダウン症など遺伝障害も、同等、もしくはそれ以上出る!> »

2013-12-28

〔いのちのフクシマ NEWS〕 北欧の研究チームが警告!:<放射能汚染水「太平洋で薄まる」説は受け入れられない。食物連鎖サイクルの中に、フクイチ放射能の100分の1が放出・循環し、日本人の食卓に上るだけで、摂食による累積総被曝量(collective whole body ingestion dose)は、世代交代を重ねるなかで1000万シーベルト(1e7 Sv)を超えるものになるだろう。これは100万人以上を殺すのに十分な放射能である!>

 ★大沼 こんご数世代にわたって、100万人以上がフクイチ太平洋放出放射能、それだけで、それもたった1%の放出だけで、殺されてゆく……。

 なんとも、恐ろしい予測――恐ろしいほど残酷な警告である。

 1%が10%になれば、1000万人、50%ならば、5000万人が、海の放射能で殺される……ということか!?

 それに陸上汚染、大気汚染が加われば、いったい、この国は――日本は、日本人は、どうなってしまうのだろう!

 ほんとうに、ほんとうに、亡国の危機!

 だからこそ、日本政府は、海外の専門家から提案されている「汚染水のスーパータンカー搬出」などの諸対策に、それこそ、いのちがけで取り組み、このとんでもない国難を克服してゆかなければならない!

 安倍首相は9月のIOC総会で、「健康問題については、今までも、現在も、そして将来も! 全く問題はない!!」と言った。

 この、悲しいまでの、言葉の軽さよ!

  ■ 首相プレゼン文字起こし ⇒ http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3252.html

          # ↓

 ◎エネニュース ⇒ http://enenews.com/reports-highly-significant-quantity-fission-products-being-flushed-environment-water-fukushima-molten-fuel-including-plutonium-curium-radioactivity-recirculate-many-generations-food-chain-meat-cont
 ◎2011年の北欧PSA会議への、Jiřina Vitázková, Errico Cazzoli 氏による提出論文、Estimate of Consequences from the Fukushima Disaster
 ⇒ http://www.npsag.org/publications/download.aspx?id=1158&pid=89

 ◎ エネニュースによる引用部分は、以下の通り。

 The radiation released to the ocean via fallout and liquid releases has been dismissed with the argument that the radiation would be diluted in the enormous volume of the Pacific Ocean. This argument cannot be easily accepted. […] [There] is sufficient time for most of the radioactivity to be ingested or “breathed” in by fish and other marine organisms. This would trigger a never ending cycle for perpetuation of the radioactivity, which may not only kill marine life forms like it kills humans, but would ultimately end up on the tables of the Japanese population. The fish, seafood, whale meat and seaweed consumed may have concentrations below legal limits, but the radioactive content will be increased from normal levels. […] This cycle will last for many generations, because of the food chain of fish and other marine fauna, and the radioactivity will be recycled and in fact the meat content will increase rather than decreasing by decay. Even if only one one-hundredth of the radioactivity (more than 1e15 Bq of CS137) were to enter this recirculation pattern, the collective whole body ingestion dose over many generations would exceed 1e7 Sv, sufficient to kill more than 1,000,000 people.

Posted by 大沼安史 at 10:47 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマ NEWS〕 北欧の研究チームが警告!:<放射能汚染水「太平洋で薄まる」説は受け入れられない。食物連鎖サイクルの中に、フクイチ放射能の100分の1が放出・循環し、日本人の食卓に上るだけで、摂食による累積総被曝量(collective whole body ingestion dose)は、世代交代を重ねるなかで1000万シーベルト(1e7 Sv)を超えるものになるだろう。これは100万人以上を殺すのに十分な放射能である!>: