« 〔秘密保護法案 強行採決〕 APが全世界へ、歴史的な写真を 速報 : 日本の国会 白髪の男性が、傍聴席から、叫んだ! 「情報は民のもの」――頭上に掲げて、叫んだ! | トップページ | 〔秘密保護法案 強行採決〕 田中龍作ジャーナル : 衆院特別委で強行採決 NHK中継終了と同時に / ディレクターが「キュー」でも出したかのような見事なタイミングだった。きょう午前11時15分。NHKの国会中継が終わると同時に、衆院国家安全保障・特別委員会の額賀福志郎委員長が「これより特定秘密保護法案の採決に移ります」と宣言した。 »

2013-11-26

〔秘密保護法案 強行採決〕 柳澤協二・元内閣官房副長官補(元防衛庁参事官)は、AP通信に、こう言明した:「秘密保護法がないからといって、ワシントンから必要な情報が得られない、ということは、なかった」「米国が情報を出さないのは、自国の国益上の都合で、日本に秘密保護法がないからではない」/★ 防衛庁の元現場トップが、安倍政権のいう「米国が言っているので」論のウソ・ゴマカシを論破!

 ★は大沼 AP記事 ⇒ http://bigstory.ap.org/article/japan-secrecy-law-stirs-fear-limits-freedoms

 "My biggest concern is that it would be more difficult for the people to see the government's decision-making process," said Kyouji Yanagisawa, a former top defense official who was in charge of national security at the Prime Minister's Office from 2004-2009. "That means we can't check how or where the government made mistakes, or help the government make a wise decision."

 The former bureaucrat, Yanagisawa says he does not recall any instance Japan failed to obtain necessary information from Washington or other countries due to lack of secrets law. When the U.S. or other countries decide not to share information with Japan, it was because of their own national interest not because of Japan secrecy protection, he added.

Posted by 大沼安史 at 06:46 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔秘密保護法案 強行採決〕 柳澤協二・元内閣官房副長官補(元防衛庁参事官)は、AP通信に、こう言明した:「秘密保護法がないからといって、ワシントンから必要な情報が得られない、ということは、なかった」「米国が情報を出さないのは、自国の国益上の都合で、日本に秘密保護法がないからではない」/★ 防衛庁の元現場トップが、安倍政権のいう「米国が言っているので」論のウソ・ゴマカシを論破!: