« 〔いのちのフクシマ NEWS〕 東電の広瀬直己社長は英紙ガーディアンのインタビューに対し、こう明言した! 「フクシマで起きたこと、それは世界に対する警告である」。 そして――「わたしたちは被害者に対して、完全に賠償しなければならない」と。 /★ その言や、よし! ならば、それを、この日本で、フクシマ被曝地で、行動として、示していただきたい!  | トップページ | 〔秘密保護法〕 RT(ロシア・ツデー)が警告報道: Fuk-‘hush’-ima (フクシマ沈黙) 法になる ! »

2013-11-22

〔秘密保護法反対〕 21日の東京・日比谷・集会で、落合恵子さん、「どこまで民主主義をばかにして、一人一人の市民をばかにする政権なんでしょうか」

 共同通信 ⇒ http://www.47news.jp/47topics/e/247803.php

 【秘密保護法案】 各地で反対の集会やデモ  「廃案を求め声広げよう」「憲法守れ」

▼秘密保護法案反対で1万人集会 東京・日比谷
 市民グループや学者、護憲・平和団体などが呼び掛けた、特定秘密保護法案に反対する集会が21日、東京都千代田区の日比谷野外音楽堂で開かれた。主催者発表で約1万人が参加し「法案の内容も審議の方法もおかしい」「白紙に戻せ」と怒りの声を上げた。

 「どこまで民主主義をばかにして、一人一人の市民をばかにする政権なんでしょうか。私たちは知っています。権力はいつだって情報を隠してきたのです」。作家の落合恵子(おちあい・けいこ)さんが語り掛けると、満席の会場から拍手がわき起こった。

 憲法学者の青井未帆(あおい・みほ)学習院大教授は「恣意(しい)的な運用がされてしまったらそれを抑えるだけの仕組みが備わっていない恐ろしい法案だ」と指摘。海渡雄一(かいど・ゆういち)弁護士は与野党間の修正協議に触れ「ふざけるなと言いたい。もともとの法案より悪くなっている」と訴えた。

 超党派の国会議員約30人も出席。会場の外にも参加者があふれた。

 (2013年11月21日)

Posted by 大沼安史 at 08:30 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔秘密保護法反対〕 21日の東京・日比谷・集会で、落合恵子さん、「どこまで民主主義をばかにして、一人一人の市民をばかにする政権なんでしょうか」: