« 〔東京新聞 社説〕 特定秘密保護法案 国民軽視の強行突破だ(27日付け)/ 福島の公聴会はたんなる“儀式”にすぎず、与党は耳をふさぎ、尊重もしなかったのだ。あまりに乱暴である。/ 行政権だけが強くなる性質を持つ法案である。民主主義の三角形を美しく保つためにも、あらためて反対表明をする。 | トップページ | 〔琉球新報 社説〕 「悪魔のような法案。何が秘密かを時の権力者が秘密のうちに決められる。ジャーナリストとしても、市民としても恐怖です」。音楽評論家の湯川れい子さんの危機感は多くの国民が共有できよう。/ 国民の目と耳をふさぎ、主権者が国政の重要な情報を得る道を閉ざす「世紀の悪法」が、成立への階段を一つ上った。その審議は「強権国家化」を暗示する、国民不在の醜悪な展開を見せた。 »

2013-11-27

〔秘密保護法案〕 米国防総省・国家安全保障会議(NSC)の元高官、モートン・ハルペリン氏が共同通信インタビューで問題点を指摘 / 「国際基準を逸脱」 「政府裁量広すぎ」「公益優先規定ない」

 西日本新聞に掲載 23日付け JUNSKY blog 2013
 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/ee355aef307680c3705023fe2ff45ec7

Posted by 大沼安史 at 05:57 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔秘密保護法案〕 米国防総省・国家安全保障会議(NSC)の元高官、モートン・ハルペリン氏が共同通信インタビューで問題点を指摘 / 「国際基準を逸脱」 「政府裁量広すぎ」「公益優先規定ない」: