« 〔秘密保護法案〕 本日(29日 金曜)午後6時30分から、参院(会館)前で抗議集会! 田中龍作ジャーナルが呼びかけ : 「戦前かよっ?」――治安維持法の時代に逆戻りするのか。それとも民主主義国家に踏みとどまるのか。/ 大規模抗議のラストチャンス! | トップページ | 〔日本を「墨塗り国家」にする秘密保護法案、反対!〕 松田美由紀さんがツイッターで警告 / ありえない! 内閣官房審議官の鈴木良之が「秘密保護法案の解釈上、新聞・出版等の関係者以外の者が、何万人も来場者があるブログにて時事評論をすることは処罰対象となる」と明言した。 »

2013-11-29

〔秘密保護法案〕 英誌エコノミスト:つい最近まで「法案」(が用意されている)自体が「高度な機密だった」!/ 「日の丸が墨塗りされる」! / 東大の憲法学者は言った。内閣の閣僚が情報から過度に目隠しされれれば、日本の「政府」そのものが機能を低下させる!

(大沼) エコノミストの記事のタイトルは、Secreted away(秘密に目隠しされて)。

20131130_asd001_0

 takemaruさんのツイートによれば、「千と千尋の神隠し」の英語タイトルSpirited awayをもじったタイトルだそうだ。

 記事に、こんなイラストがついていた、墨塗りされた「日の丸」!

 日本は戦前のような、暗黒国家に再びなり果てようとしている!

 ◎ 鮮明な写真、および記事は Secreted away(30日付け号)
⇒ http://www.economist.com/news/asia/21590975-conservative-government-passes-tough-new-secrecy-law-secreted-away

 Until recently even the secrecy bill was itself highly secret. Last month, when the Mainichi Shimbun newspaper asked for details of the draft law, it was sent documents with the contents entirely blacked out.

 One natural restraint on the new regime, argues Yasuo Hasebe, a constitutional scholar at the University of Tokyo, is that if ministries lock away too much information, the government will function less effectively.

Posted by 大沼安史 at 05:17 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔秘密保護法案〕 英誌エコノミスト:つい最近まで「法案」(が用意されている)自体が「高度な機密だった」!/ 「日の丸が墨塗りされる」! / 東大の憲法学者は言った。内閣の閣僚が情報から過度に目隠しされれれば、日本の「政府」そのものが機能を低下させる!: