« 〔梶村太一郎さんのベルリン通信〕 知る権利は民主主義社会の酸素。それを奪われては社会は窒息死します。/ 立法府が自滅。もはや民主主義の保護は議会外野党の市民の力だけ。日本が直面する80年前のドイツの悪夢。 | トップページ | 〔特定秘密保護法〕 (11月28日)東京都内で記者会見した栗原彬(くりはら・あきら)立教大名誉教授(政治社会学)は「全ての情報を統制したナチスドイツの全権委任法に当たる」と指摘。/ 小森陽一(こもり・よういち)東大教授(文学)は「『秘密保護』とは欺瞞(ぎまん)で、本質は『国家秘密隠蔽(いんぺい)法』だ。国民の主権者性を根本から奪ってしまう。解釈改憲に明確に結びつくものだ」 »

2013-11-30

〔いのちのフクシマ NEWS〕 台風がフクシマ放射能を拡散 放射能汚染土、風雨で河川へ 太平洋を汚染 仏研究所と筑波大が共同研究/ それでも汚染、消えない上流地域 ★ 台風のたびに放射能が流出し続けるフクイチ被曝地!

 ★は大沼 ◎28日付け ⇒ http://enenews.com/afp-scientist-warns-of-new-flood-of-fukushima-radioactive-particles-those-who-escaped-initial-fallout-could-now-be-exposed-people-in-coastal-areas-at-particular-risk

 Contaminated soil gets washed away by the high winds and rain and deposited in streams and rivers, a joint study by France's Climate and Environmental Science laboratory (LSCE) and Tsukuba University in Japan showed.

 Last year, the radioactive content of Japan's rivers dropped due to fairly moderate typhoons. But more frequent and fierce storms in 2013 have brought a new flood of cesium particles.

 This is, said Evrard, "proof that the source of the radioactivity has not diminished upstream".

Posted by 大沼安史 at 12:26 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマ NEWS〕 台風がフクシマ放射能を拡散 放射能汚染土、風雨で河川へ 太平洋を汚染 仏研究所と筑波大が共同研究/ それでも汚染、消えない上流地域 ★ 台風のたびに放射能が流出し続けるフクイチ被曝地!: