« 〔特定秘密保護法案〕沖縄タイムス社説 :[陸自が独断情報活動]秘密は やはり暴走する / 民主主義国家の基本原則である文民統制(シビリアンコントロール)を逸脱する自衛隊活動が、明らかになった。陸上自衛隊の秘密情報部隊「陸上幕僚監部運用支援・情報部別班」(別班)が、冷戦時代から、首相や防衛相(防衛庁長官)に知らせず、独断で海外に拠点を設け、身分を偽装した自衛官に情報活動をさせてきたというのだ。陸上幕僚長経験者ら複数の関係者が、共同通信の取材に証言した。 | トップページ | 〔梶村太一郎さんのベルリン通信〕 知る権利は民主主義社会の酸素。それを奪われては社会は窒息死します。/ 立法府が自滅。もはや民主主義の保護は議会外野党の市民の力だけ。日本が直面する80年前のドイツの悪夢。 »

2013-11-30

〔田中龍作ジャーナル〕 「若い女性たちは寒風に打たれながら安倍政権への怒りをぶつけた」 / 29日夜 国会周辺3か所で 「原発反対」 「秘密保護法反対」

 ◎ 鮮明な写真と記事は ⇒ http://tanakaryusaku.jp/2013/11/0008296

7fd1860b27436aa94584df6d357dcb1e_co

 ……原発反対集会が午後8時で終わると議事堂前と

D316f7eaea6e73bcfe0b253bf2ee9cfd_co

官邸前から参加者が続々と移動した。参院前の歩道は1,000人を超す人々で埋め尽くされた。

 特別委の様子が伝えられると、「官房長官は逃げるな」「官房長官は恥を知れ」……シュプレヒコールが湧き起こった。

 担当大臣が要領を得ない答弁を繰り返し、責任ある答弁をしなければならないはずの官房長官は出てこない。議会制民主主義が形骸化するなか、ファシズムへの道だけが着々と整備されてゆく。

Posted by 大沼安史 at 09:13 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔田中龍作ジャーナル〕 「若い女性たちは寒風に打たれながら安倍政権への怒りをぶつけた」 / 29日夜 国会周辺3か所で 「原発反対」 「秘密保護法反対」: