« 〔いのちのフクシマ NEWS〕 アラスカの海洋放射能汚染 核爆発(実験)が続いた冷戦期の1960年代レベルへ上昇 / (折も折) 北米太平洋岸 ヒトデの大量死、広がる “分裂してメルトダウン!” | トップページ | 〔いのちのフクシマ NEWS〕 「Fukushima の母親たちと、線量バッヂをつけたFukushima の子どもたちは、真実を悲劇の声で語りかけている」 米国人監督、イアン・アッシュさんのドキュメンタリー、「A2-B-C」、カリフォルニアの大学で上映され、学生たちの真剣な議論を巻き起こす。 »

2013-11-05

〔いのちのフクシマ NEWS〕 ヘレン・コルディコット女史 ニューヨーク・タイムズに投稿: 「チェルノブイリ」は欧州の4割を汚染し、「ニューヨーク・アカデミー・オブ・サイエンス」の報告によれば、100万人近くが被曝の影響で死亡している。これに対して、日本は「フクシマ」により、1000万人が高度汚染地域に住んでいる。子どもは大人より10~20倍、放射能に侵されやすい。胎児は数千倍。劣性遺伝は出現まで、最長、20世代もかかる。

 ⇒ http://www.nytimes.com/2013/10/31/opinion/radiation-fears-are-real.html?src=rechp

 ……Large areas of the world are becoming contaminated by long-lived nuclear elements secondary to catastrophic meltdowns: 40 percent of Europe from Chernobyl, and much of Japan.

 A New York Academy of Sciences report from 2009 titled “Chernobyl” estimates that nearly a million have already died from this catastrophe. In Japan, 10 million people reside in highly contaminated locations.

 Children are 10 to 20 times more radiosensitive than adults, and fetuses thousands of times more so; women are more sensitive than men.

 Radiation of the reproductive organs induces genetic mutations in the sperm and eggs, increasing the incidence of genetic diseases like diabetes, cystic fibrosis, hemochromatosis and thousands of others over future generations. Recessive mutations take up to 20 generations to be expressed.

 HELEN CALDICOTT
  Bermagui, Australia, Oct. 23, 2013

Posted by 大沼安史 at 05:34 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマ NEWS〕 ヘレン・コルディコット女史 ニューヨーク・タイムズに投稿: 「チェルノブイリ」は欧州の4割を汚染し、「ニューヨーク・アカデミー・オブ・サイエンス」の報告によれば、100万人近くが被曝の影響で死亡している。これに対して、日本は「フクシマ」により、1000万人が高度汚染地域に住んでいる。子どもは大人より10~20倍、放射能に侵されやすい。胎児は数千倍。劣性遺伝は出現まで、最長、20世代もかかる。: