« 〔いのちのフクシマ NEWS〕 村田光平・元駐スイス大使がオバマ大統領あてメッセージ : 4号機プールからの使用済み核燃料の取り出し、「最悪の事態となれば、現場からの総撤退を余儀なくされ、……地球規模の大惨事が始まる」 :「国際タスクフォース」を投入、フクイチ安定化へ適切な戦略策定を要請 | トップページ | 〔いのちのフクシマ NEWS〕 4号機核燃取り出し 米IEERのマクジャニ所長も懸念を表明 「燃料棒それ自体が元の場所にない恐れ」「独立した外部アドバイザーによる、現場での監視もない」 »

2013-11-01

〔いのちのフクシマ NEWS〕 4号機核燃取り出し たったいちどのしくじり 破局の連鎖反応の引き鉄に 東京から避難も 「人類史的な(monumental)惨事になる」: チャールズ・ペロー・米エール大学教授が警告

 10月31日、放送 豪ABCラジオ ⇒ http://au.news.yahoo.com/a/19616681/fukushima-decommissioning-slip-up-could-trigger-monumental-chain-reaction-expert-warns/

 Yale University professor Charles Perrow wrote about the number 4 fuel pool this year in the Bulletin of Atomic Scientists.

 He said one pool contains 10 times the amount of radioactive caesium present in the Chernobyl disaster and warned one slip-up with the removal could trigger a chain reaction.

 "This has me very scared," he told the ABC.

 "Tokyo would have to be evacuated because [the] caesium and other poisons that are there will spread very rapidly.

 "Even if the wind is blowing in the other way, it's going to be monumental."

       #

 4号機の核燃取り出しの危険性については、米国のアーニー・グンダーセンさんら海外の専門家からも、きびしい警告の声が出ている。

 「冷温停止状態(野田首相)」といい、「アンダー・コントロール」(安倍首相)といい、日本の政府トップの口からは、いい加減な「取り繕い」が出るばかり。

 国際社会はもう、日本の当局を信用していないのだ。

 日本政府は、4号機核燃取り出し作業の進行状況を、逐一、国際社会に公開し、説明責任を果たさなければならない。

Posted by 大沼安史 at 06:07 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔いのちのフクシマ NEWS〕 4号機核燃取り出し たったいちどのしくじり 破局の連鎖反応の引き鉄に 東京から避難も 「人類史的な(monumental)惨事になる」: チャールズ・ペロー・米エール大学教授が警告: