« 〔コラムの再掲載〕 米兵「慰安所」は、ほんとうに占領軍のごり押しだったか? | トップページ | 〔フクシマ核惨事〕 イラスト 核の波にのみこまれる日本 フクイチ沖波裏の図 »

2013-08-21

〔フクシマ核惨事〕 汚染水地獄の様相……瑠璃光の下で祈る

 今朝の東京新聞の電子版の記事に、こう書かれていた。

 「東京電力福島第一原発のタンクから三百トン(東電の推計)の高濃度汚染水が漏れた問題で、東電は原因調査を進めたが、ボルト締め型タンクの弱点である側面の鋼板の継ぎ目に、水が漏れた痕跡は確認できず、底部から漏れた可能性が高まった。大量の漏れが確認され、原子力規制委員会は、国際的な事故評価尺度で下から二番目のレベル1としていた暫定評価を、引き上げる方向で検討に入った。」

 ⇒ http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013082190071128.html

            #

 フクイチの核惨事が、汚染水地獄の様相を呈してきた。

 核の業火、水地獄。

 東電の無能。政府の無責任。

 地下の龍神さまが、お怒りになって、当然である。

            #

 汚染水の漏出を伝える英紙インデペンデント(電子版)の記事を読み、その記事についた1枚の写真に見入った。

 (以下に画素を落としたものを転載させていただきます。実物は以下のサイトでご覧になってください)

 ⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/asia/fukushima-nuclear-plant-leaking-300-tonnes-of-radioactive-water-from-storage-tank-8775962.html

V2fukishima1_convert_20130821084639 

 
            #

 無人の浪江の通りにたたずむ、防護服姿の2人は、「ミハラさん」ご夫妻だ。

 たぶん、日の出直後の、朝の光の中で。

 通りの向こうには、瑠璃色の空と、ちょっぴり焼けた白い雲の連なり。
 
            #

 手をつなぐ2人の足下を、フクイチに通じる地下水は流れているはずだ。

 その蒸気が雲になり、核惨事の現場の空を駆けているはずだ。

 ミハラさん夫妻の背後に現れた雲は、水の神様、龍神さまの雲ではないか!

            #

 今朝方、わたしは転居先の薬師堂にまいり、南無薬師瑠璃光如来に祈った。

 フクシマを、日本を、地球を、お救いくださいと。
 
            #

 帰宅してパソコンでみた、英紙インディペンデントのこの写真。

 ミハラさんご夫妻の、お気持ちを――おそらくは、祈りを、わたしもまた共有したいと思った。
 

Posted by 大沼安史 at 09:28 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ核惨事〕 汚染水地獄の様相……瑠璃光の下で祈る: