« 〔フクシマ核惨事2周年〕 フクイチ200キロ(125マイル)圏で 「41万7000人」の新たな癌患者が発生(クリストファー・バズビー氏) : 「100万人」が癌で死亡(アーニー・グンダーセン氏)/ 米国のジョセフ・マンガノ氏 ( 「放射線・公衆衛生プロジェクト」ディレクター)が米英専門家による、恐るべき「想定」を紹介 | トップページ | [フクイチ核惨事2周年] トモダチ水兵洋上被曝問題を3大ネットのひとつ、CBSニュースが全米報道! 空母ロナルド・レーガン水兵2人がニューヨーク・シンポで記者会見/ CBS報道の反響でトモダチ作戦参加の米軍人からメール相次ぐ 「上層部の上官たちも(被曝)症状が出ている、と言っている。(対東電損害賠償訴訟に)参加すると思う」/★ 訴訟拡大の動きが広がっている! もう隠しきれない! »

2013-03-10

〔フクシマ核惨事2周年〕 米西海岸 空中β線量 3・11後、急上昇/ 降雨によるヨウ素131汚染 平常時の最大 211倍に! /● 2011年の3月17日~年末 にかけて 全米5州の新生児の先天性甲状腺機能不全 前年同期の16%増 3・17~6・30は最大28%増 / 同期間、他の36州は逆に3%の減少 ★ 日本政府はフクイチ被曝地の子ども甲状腺癌(異状)問題に蓋して責任逃れを図るつもりらしいが、米国ではそうは行かない。いずれ、巨額な損害賠償訴訟が続発することだろう!

 ★は大沼 ◎ Joseph J. Mangano、Janette D. Sherman:Open Journal of Pediatrics(OJPed> Vol.3 No.1, March 2013)
 Elevated airborne beta levels in Pacific/West Coast US States and trends in  hypothyroidism among newborns after the Fukushima nuclear meltdown → こちら
  ◎ 論文のアブストラクトは ↓
 
           #
  Various reports indicate that the incidence of congenital hypothyroidism is increasing in developed nations, and that improved detection and more inclusive criteria for the disease do not explain this trend entirely. One risk factor documented in numerous studies is exposure to radioactive iodine found in nuclear weapons test fallout and nuclear reactor emissions. Large amounts of fallout disseminated worldwide from the meltdowns in four reactors at the Fukushima-Dai-ichi plant in Japan beginning March 11, 2011 included radioiodine isotopes. Just days after the meltdowns, I-131 concentrations in US precipitation was measured up to 211 times above normal. Highest levels of I-131 and airborne gross beta were documented in the five US States on the Pacific Ocean. The number of congenital hypothyroid cases in these five states from March 17-December 31, 2011 was 16% greater than for the same period in 2010, compared to a 3% decline in 36 other US States (p < 0.03). The greatest divergence in these two groups (+28%) occurred in the period March 17-June 30 (p < 0.04). Further analysis, in the US and in other nations, is needed to better understand any association between iodine exposure from Fukushima-Dai-ichi and congenital hypothyroidism risk.

Posted by 大沼安史 at 03:48 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ核惨事2周年〕 米西海岸 空中β線量 3・11後、急上昇/ 降雨によるヨウ素131汚染 平常時の最大 211倍に! /● 2011年の3月17日~年末 にかけて 全米5州の新生児の先天性甲状腺機能不全 前年同期の16%増 3・17~6・30は最大28%増 / 同期間、他の36州は逆に3%の減少 ★ 日本政府はフクイチ被曝地の子ども甲状腺癌(異状)問題に蓋して責任逃れを図るつもりらしいが、米国ではそうは行かない。いずれ、巨額な損害賠償訴訟が続発することだろう!: