« 〔ヘレン・コルディコット女史〕 3月11・12日 ニューヨークで、グローバル・シンポジウム「Fukushima Two Years Later」を開催!/小出裕章さんも参加/ コルディコット女史の警告! 「WHOのフクシマ癌レポート リスクを最小化。フクイチ発の放射能雲(プルーム)はいまも太平洋を超えて、北米西海岸を襲い続けている!」、世界拡散! | トップページ | 〔ドキュメンタリー映画〕 ベルギーのアラン・ド・アリュー監督 フクシマ・ドキュメンタリー映画、『福島へようこそ(Welcome to Fukushima)』 完成 / ブリュッセルの欧州議会で6日、初上映 / マスクの若者は言った、「もしかしたら僕たち、国から実験台にされているのかな」/ 父親は目を潤ませて「あとどのくらい長い生きできるかと聞かれると、悲しい」/ フライパンで調理する仲間に、突っ込みをいれる若者、「北海道に行って店開けばいいじゃん! 『原発カレー』『ジャガイモは被災地直送』『ごはん、プルト »

2013-03-07

〔英エコノミスト誌が激写写真を掲載!〕 ホワイトハウスで 握手をしてくださいと右手を差し出す安倍首相 これに対してオバマは……苦笑を浮かべながら、(「ポチ」の手を見るように……?!して)どうしようか迷っている写真!

20130302_asp001_0
 ◎歴史的な重要性にかんがみ、再報道(掲載)します!
 オバマの笑いからは複雑な意味が読み取れる!
 それにしても、座ったまま、握手を求める、この非礼さは、何だ!
 エコノミスト誌の記事にはこう書いてある! (記事と鮮明な拡大写真は → こちら )
 
 ジェラルド・カーチス・コロンビア大学教授は言った。安倍が日米同盟を救ったなんて、「真っ赤な嘘(“simply untrue”)」!
 Yet in the United States the judgment was rather different. Mr Abe and his people, says Gerald Curtis of Columbia University in New York, played up his visit in ways to “make it seem like a meeting of historic importance.” Yet the idea that Mr Abe had rescued Japan’s alliance with America was “simply untrue”.

Posted by 大沼安史 at 11:06 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔英エコノミスト誌が激写写真を掲載!〕 ホワイトハウスで 握手をしてくださいと右手を差し出す安倍首相 これに対してオバマは……苦笑を浮かべながら、(「ポチ」の手を見るように……?!して)どうしようか迷っている写真!: