« [ENEニュース]米海洋大気庁(NOAA)がフクイチ発・大気放出・放射性エアルゾル(セシウム粒子)北半球拡散状況ををHYYSPLITモデルで解析 ★ 水の惑星の大気は死の灰にまぶされた放射能の星と化してしまった! | トップページ | [ENEニュース] 北極圏(アラスカ) アザラシ、シロクマ、セイウチ……腫瘍、脱毛など身体に異変 ★ 被曝症状ではないのか? NOAAのフクイチ放射能・大気・海洋拡散状況の解析結果は、被曝による可能性を殆ど決定づけているように思える。アラスカ先住民族による、東電・日本政府を相手どった損害賠償訴訟に発展するかも知れない…… »

2013-03-15

[ENEニュース](ビデオ)米海洋大気庁(NOAA)フクイチ放出放射能の太平洋海洋汚染拡散状況を解析 海の死の灰、早くも2011年の3月末までに米西海岸に到達 ★ 小出さんは海洋汚染だけですでにヒロシマ原発約500発の放射能のフクイチから出ているとみている。これまでの2年で500発……ということは、こんご、たとえば50年の間に、太平洋は2万5000発分の死の灰で、死の海と化す……

★は大沼 ◎ ENEニュース → こちら ◎ ソース → こちら
       #
 ★ 米政府(オバマ政権)が現時点で、海洋汚染拡散状況解析を明らかにしたのは、日本政府・東電が進めようとする、「アルプス処理水・大放流」に対する明確な警告と思われる!

Posted by 大沼安史 at 11:04 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ENEニュース](ビデオ)米海洋大気庁(NOAA)フクイチ放出放射能の太平洋海洋汚染拡散状況を解析 海の死の灰、早くも2011年の3月末までに米西海岸に到達 ★ 小出さんは海洋汚染だけですでにヒロシマ原発約500発の放射能のフクイチから出ているとみている。これまでの2年で500発……ということは、こんご、たとえば50年の間に、太平洋は2万5000発分の死の灰で、死の海と化す……: