« 〔東京新聞〕 「原発推進回帰」 安倍内閣を批判 テント村市民が会見/ 代表の淵上太郎さん(70)は「私たちは、脱原発とわが国の民主主義をかけて、ここに存在している」 | トップページ | 〔ENEニュース〕 (ユーチューブ)日本山妙法寺の安田行純尼僧(54)が日本から米国へ戻り、カリフォルニア州のサンオノフレ原発反対集会でフクシマの現実を報告 「被曝は子どもたちに対して最も害を及ぼしている(Radiation Hurts Children Most)/ 「多くの子どもたちが甲状腺の異常など症状を見せ始めています!」 »

2013-01-05

〔バンクーバー 平和哲学センター〕 ニューヨーク・タイムズ 社説(2日付け)が 「安倍歴史否定」を批判 日本語全訳 /彼は……戦時中日本軍の性奴隷となった女性たちが実際強制されていたという証拠は全く見つからなかったと言った……こういった犯罪を否定し、謝罪を薄めるようなどのような試みも、日本の戦時中の残忍な支配に被害を受けた韓国、そして、中国やフィリピンをも激怒させることであろう。……/◇ 社説はなんと安倍首相の衝動的な言動を「恥知らず(Mr. Abe’s shameful impulses )」と非難!

 ……安倍氏の恥ずべき衝動的行為は、北朝鮮の核兵器プログラム等の諸問題において、地域における大切な協力関係を脅かすものになりかねない。このような修正主義は、歴史を歪曲することよりも、長い経済不況からの回復に集中しなければいけないこの国にとって、恥ずかしいことである。

   Any attempt to deny the crimes and dilute the apologies will outrage South Korea, as well as China and the Philippines, which suffered under Japan’s brutal wartime rule.

 Mr. Abe’s shameful impulses could threaten critical cooperation in the region on issues like North Korea’s nuclear weapons program. Such revisionism is an embarrassment to a country that should be focused on improving its long-stagnant economy, not whitewashing the past.

 → http://peacephilosophy.blogspot.jp/2013/01/new-york-times-editorial-criticizes-abe.html

◎ 原文 Another Attempt to Deny Japan’s History → http://www.nytimes.com/2013/01/03/opinion/another-attempt-to-deny-japans-history.html?_r=0

◎ 大沼 米政府筋の共同通信(米軍によるフクイチ放出放射能測定開始日の特定)に対するリークといい、朝日(「プロメテスの罠」)に対する情報提供(3・11後の米政府の日本政府に対する「怒り」の表明)といい、どうも米政府は、おそらくフクイチでの「次なる展開」を見越して、「日本政府」を(政権が代わっても)すでに見限っている――ような気がしてならない。

  日本政府はこの2年近くの間、嘘と隠蔽を重ね、自らの虚構を信じ込み、4号機核燃プール対策(建屋のコンクリートの埋め込み等)を怠ってきた。自衛隊を投入してでも(それだけの犠牲を払ってでも)、世界破局につながるハルマゲドン的超大惨事を回避しようという決断を下せなかった!

 それもこれも、自分たちに「責任の火の粉」が返ってくるのが怖かったからだ!

 たぶん、そのことに、米政府は――あるいは世界各国は怒っているのだ。

 「次なる展開」を予期して!

 ニューヨーク・タイムズのこの社説も、こうした米政府の姿勢を背景にしたものだろう。

 安倍政権の「太平楽」な姿が、たぶん許せないのだろう!(でも、わたしは安倍政権に期待している! 安倍さん個人は――あるいは、たとえば文科相になった下村博文氏は、実に愛国者だからだ。彼らは実は、まもともである。ギリギリのところでの、「憂国の、日本を守る、巻き返し(=原発全廃、フクイチ封じ込め対策の断固たる実施)」に打って出るのではないか? 期待していい、と思う!) 

 被曝地・仙台に住むわたしの周辺では最近、突発性難聴や白内障が増えるなど、被曝症状がますます顕著になってきている。

 もしかしたら????!!!!……こんごの展開に注意を!

 気を引き締め、「そのとき」に備えよう! できるかぎりのことはしよう!

 生きのびよう!

Posted by 大沼安史 at 05:16 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔バンクーバー 平和哲学センター〕 ニューヨーク・タイムズ 社説(2日付け)が 「安倍歴史否定」を批判 日本語全訳 /彼は……戦時中日本軍の性奴隷となった女性たちが実際強制されていたという証拠は全く見つからなかったと言った……こういった犯罪を否定し、謝罪を薄めるようなどのような試みも、日本の戦時中の残忍な支配に被害を受けた韓国、そして、中国やフィリピンをも激怒させることであろう。……/◇ 社説はなんと安倍首相の衝動的な言動を「恥知らず(Mr. Abe’s shameful impulses )」と非難!: