« 〔BBC〕 新年早々(3日付け)「フクシマ」をレポート/  東京特派員は初冬の浪江町に入った 無人の町は完全にノーマルに見えた しかし「何も聴こえない!」/ 「牛を殺すわけにはいかない」と残留したマサミ・ヨシザワさんは東京の街頭で怒りのマイクを握った 通り過ぎる若者たち……/ 本来、「英雄」のはずの「フクシマ・フィフティー」は依然、姿を隠したままだ その多くがトラウマを抱えている……/ 日本政府による被曝棄民の現実の一端 BBCが新年・明けまして・世界拡散報道  | トップページ | 〔ENEニュース〕 フクイチ発の放射能雲 太平洋を超え 米国本土を集中直撃 / カナダ、メキシコは最悪事態をまぬかれる / 米地質調査所(USGS)などが拡散状況を調査 /米国内観測地点(167ヵ所)の21%でヨウ素131、セシウム137・134を検出 »

2013-01-03

〔英紙ガーディアン〕 新年2日付けの社説で 「フクシマ50」を称える! / そのとき、実際は50人ではなく数百人の作業員たちが、避難をせず、事故現場に踏みとどまった そして事故の拡大を防ごうをした……そして彼らは防いだ!/ にもかかわらず、日本政府が公式に謝意を表したのは18ヵ月後だった/ 勇気をもって市民的義務を果たしたのにもかかわらず、彼らは依然と社会の片隅に追いやられてたままだ /◇ 彼らのからだを張った献身がなければ、この新年をハッピーに迎えらなかったことをガーディアンはしっている

 → http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2013/jan/02/fukushima-50 (◇は大沼)

 The group referred to as the Fukushima 50 actually encompasses hundreds of workers, who tried to stop a disaster growing even larger. They did so, ……

  Indeed, it took 18 months for the government even to extend official thanks. For their bravery and civic duty, the Fukushima 50 have been rewarded with something close to ostracism

Posted by 大沼安史 at 05:41 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔英紙ガーディアン〕 新年2日付けの社説で 「フクシマ50」を称える! / そのとき、実際は50人ではなく数百人の作業員たちが、避難をせず、事故現場に踏みとどまった そして事故の拡大を防ごうをした……そして彼らは防いだ!/ にもかかわらず、日本政府が公式に謝意を表したのは18ヵ月後だった/ 勇気をもって市民的義務を果たしたのにもかかわらず、彼らは依然と社会の片隅に追いやられてたままだ /◇ 彼らのからだを張った献身がなければ、この新年をハッピーに迎えらなかったことをガーディアンはしっている: