« 〔被曝地・死の灰受難〕 福島民報が報道!/「(福島)県内の下水汚泥 増加の一途 漂う悪臭 業者 汚染恐れ受け入れ拒否」/ 郡山市「県中浄化センター」の屋外にある保管場には、約2万トンの汚泥が置かれたまま。処理が間に合わず、1日50トン増加!/ ◇ 気温が上昇したら、悪臭はたえがたいものになるだろう! 東電の福島復興本社に引き取ってもらえばいい! 政府の復興局も引き受けを開始せよ! | トップページ | 〔被曝地・こども受難〕 福島県立医大 鈴木真一教授 「チェルノブイリ原発事故で唯一の健康被害が甲状腺がん」と言明! 鈴木教授の発言 英仏訳(フクシマ・ダイアリー)で全世界拡散開始! 28日 いわき市での子ども甲状腺検査 住民説明会で! »

2013-01-30

〔被曝地・こども受難〕千葉県我孫子市が小学校入学予定者に甲状腺検査! 「フクシマ・ダイアリー」が英仏語で世界拡散報道 / ただし視診と触診だけ / 春にも市内19の小中学校で在校生全員の検査実施へ

 ただ、未就学児に対して行う予定はなく、市議からは「放射線の感受性が高い未就学児の検査をしないのは整合性がとれない」との指摘もある。市は「必要性があるかどうかも含め検討したい」としている

 ◎ 毎日新聞 → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130129-00000099-mailo-l12 
 ◇ フクシマ・ダイアリー → http://fukushima-diary.com/2013/01/abiko-city-conducted-thyroid-test-for-pre-elementary-school-students-only-visual-examination-and-palpation/

Posted by 大沼安史 at 10:07 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔被曝地・こども受難〕千葉県我孫子市が小学校入学予定者に甲状腺検査! 「フクシマ・ダイアリー」が英仏語で世界拡散報道 / ただし視診と触診だけ / 春にも市内19の小中学校で在校生全員の検査実施へ: