« 〔無責任汚染拡大〕 「手抜き除染 横行」が暴露された4日=環境省登庁日(御用始め)、役所に出てもこなかった石原伸晃環境相、こんどは「わたしは政治家なので、誰とどこで会ったのかという話をするつもりは毛頭ない」だと!/◇ 「隠密政治活動」(?)に従事?! 安倍首相はこういう無責任閣僚を、ただちに罷免せよ! こんごの「失言」防止のためにも! | トップページ | 〔田中龍作ジャーナル〕 追及する記者を指名しない石原環境相の会見/ フリーランスの上出義樹記者がこれに風穴を開けた。「前回の記者会見で朝日新聞の記者が一所懸命手をあげているのに指名されなかった。石原大臣が逃げているように見えた。国民のためにも大臣は説明責任を果たすべき」。上出記者はこう追及した。石原大臣は「限られた時間で多くの記者の質問に答えなければならない。CO2の問題で危機意識が強い…」などと説得力のない釈明をした。返答に窮し、苦し紛れに言葉を連ねたのである。 »

2013-01-16

〔除染しても1年後には元の木阿弥〕 千葉県松戸市 放射線量が上昇 公園を再除染 / NHK「除染を終えたおよそ310の公園について、市が去年11月から改めて放射線量を測定したところ、28の公園では再び値が高くなり、地上から50センチの高さで1時間当たり0.23マイクロシーベルトという国の基準を超えていたことが分かりました。このうち子どもたちが集まる広場や遊具の近くの値が基準を超えていたのは18の公園で、1時間当たり0.41マイクロシーベルトと、基準の2倍近くに上っていた場所もありました」

 ◎ソース・ブログ「みんな楽しくHappy♡がいい♪」
   → http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2720.html
 ◇大沼 「みんな楽しくHappy♡がいい♪」さんは、こう言っている。

 ……松戸でさえこうです。でも、松戸市は除染しっぱなしではなく、当り前のことだけど、よく再度調べました。
 でも、福島のもっと高濃度に汚染された地域では、いい加減な方法で高額な税金を使って除染しても「意味がないのでは?」とやっぱり思ってしまいます。
 松戸では年間1ミリシーベルトを目指していますが、福島の除染は年間20ミリシーベルトを目指しています。
 20ミリシーベルトなら帰りません。帰ってはいけません。
 年間1ミリシーベルトを目指すための、目指す事が出来る除染ならばやるべきだと思いますが、そうではない場合は、除染の費用は住民の救済のために使うべきだと私は思っています。

 ――同感です。

 ついでに一言、石原伸晃大臣は「名誉挽回」に、松戸に視察に入ったらいい!

Posted by 大沼安史 at 09:58 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔除染しても1年後には元の木阿弥〕 千葉県松戸市 放射線量が上昇 公園を再除染 / NHK「除染を終えたおよそ310の公園について、市が去年11月から改めて放射線量を測定したところ、28の公園では再び値が高くなり、地上から50センチの高さで1時間当たり0.23マイクロシーベルトという国の基準を超えていたことが分かりました。このうち子どもたちが集まる広場や遊具の近くの値が基準を超えていたのは18の公園で、1時間当たり0.41マイクロシーベルトと、基準の2倍近くに上っていた場所もありました」: