« 〔香港・サウス・チャイナ・モーニング・ポスト〕 安倍首相の谷内正太郎アドバイザー 20日 香港での代読スピーチで、「尖閣」問題をめぐり、中国政府を非難/「わたしは中国当局に問いたださなければならない。そんな中国(の姿)を世界に見せたいのか? それがあなた方の子どもたちが誇りに思う中国なのか?」 | トップページ | 〔スイス気象台 フクイチ放射能雲 警報〕 (あさって) 23日 水曜日 朝から首都圏を直撃する見通し /こんごの核散予報に注意! »

2013-01-21

〔バンクーバー・平和哲学センター〕 クリントン・岸田会見報道: 日本のマスメディアの煽りにだまされないように!/ 日本のメディアで、クリントンが「領有権について米国は立場を取らない」ということを再確認したことを報じたところは把握しているかぎりではひとつもない(沖縄タイムスは例外)/◇ 「大本営御用報道」の醜悪な姿を徹底解剖! 平和哲学センターの分析は正しい! 霞クラブの同行記者は、恥というものを知るべきだ!

 ◇は大沼 → http://peacephilosophy.blogspot.jp/2013/01/blog-post_20.html

 ・ 報道の多くは、日米安保が尖閣に適用するとクリントンが「強調」したとか言っているが、その点についてクリントンが触れているのは冒頭で「条約の義務について・・・・再度述べました」のところだけである。何の条約なのか何の義務なのかも触れていないのに、これを「強調」と呼ぶのは誇張である。実際は明言を避けてスルーしている。

 ・「踏み込んだ」とか「初めて中国の行為に反対を明言」とか報道されているが、これは米国が従来から認めている尖閣に対する日本の施政権について言っており、この施政権を undermine, 「弱体化する」一方的な行為に反対すると言っているのである。これは以前クリントンやパネッタが言った、「尖閣に安保適用」(尖閣が戦場になったら日本を守るために米国は武力行使する)ほど踏み込んだ表現ではない。逆に言うと、「踏み込んだ」どころか、今回、クリントンは米国の武力行使の可能性についてはあえてはっきり触れず、日本の施政権を弱体化させる行為に「反対」の立場だを表明しただけという、後退とも取れる発言をしているのである。

 ・ クリントンは、日本による施政を undermine することをもとめる一方的な行為に反対すると言っている。この undermine は日本語に訳しにくい単語だが、「弱体化させる」「台無しにする」「損なわせる」「ないがしろにする」といった訳ができる言葉である。下から土台を崩すといったようなイメージで理解してもらっていいと思う。直接的な攻撃を示す言葉ではない。朝日や読売は「損なう」とフェアな訳をしているが、しかし毎日の「侵す」、日経と東京の「害する」は強すぎる訳であると思う。産経にいたっては「日本の安全を脅かす」という、でっち上げとしか言いようのない勝手訳をしている。

 ・ また、報道はクリントンの「反対」発言にばかり注目し、「中国をけん制」と騒ぎ立てているが、クリントンは、緊張を高めるような「誰による」行動も見たくないと言っている。米国がけん制しているのは中国だけではなく、日本の挑発行為もけん制しているのである。

Posted by 大沼安史 at 06:04 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔バンクーバー・平和哲学センター〕 クリントン・岸田会見報道: 日本のマスメディアの煽りにだまされないように!/ 日本のメディアで、クリントンが「領有権について米国は立場を取らない」ということを再確認したことを報じたところは把握しているかぎりではひとつもない(沖縄タイムスは例外)/◇ 「大本営御用報道」の醜悪な姿を徹底解剖! 平和哲学センターの分析は正しい! 霞クラブの同行記者は、恥というものを知るべきだ!: