« 〔被曝地 死の灰アッシュヴィッツ〕 捕獲牛の体内セシウム 「筋肉に蓄積する放射性セシウムの量は血液中のセシウムの約21倍に!」 東北大学加齢医学研究所の福本学教授のグループが解明、24日付けの米科学誌「プロスワン」で発表 血液との相関、明らかに! 膀胱は15・2倍、腎臓は11・8倍、肝臓は7・8倍/◇ 「牛を処理する前に血液から肉の汚染状況が分かる」というが、人間だって同じ! 血液検査を実施すべきだ!/★「放射性銀110mが肝臓に、テルル129mが腎臓に特異的に集積していることも判明」 | トップページ | 〔東電 フクイチ「処理水」太平洋垂れ流し・大放流開始を宣言〕 米ネット・メディア Enformable が全世界警告報道 /「処理」とはいっても、高濃度のものを「かなり減らすだけで完全な除去ではない!」/◇ 垂れ流し・大放流はこの先、何年も、何十年も、何百年も(あるいはもっと)続くことになるのか! 太平洋・死の灰の海・アッシュヴィッツ化 海外から環境訴訟、巨額の賠償請求が相次ぐことになりそうだ! »

2013-01-25

〔被曝地 死の灰アッシュヴィッツ〕 宮城県・白石市 「焼却灰仮置き場」設置で住民たちが苦悩 市内世帯9% 1060世帯が薪を使用 その焼却灰のなんと約6割 キロ8000ベクレルを超える指定廃棄物 / 丸森町は2月から8000ベクレル以下の焼却灰の回収を開始。8000ベクレル超の灰は引き続き家庭で保管するよう求める/ 七ケ宿町は昨年6月、役場敷地内に仮置き場を設置。町内の家庭から回収した8000ベクレル超の焼却灰約67キロをコンクリート製の容器で保管 ◇ 東電本社とエネ庁あて、着払いの宅配便で送り返したら?

 ◇は大沼 ◎河北新報 → http://www.kahoku.co.jp/news/2013/01/20130124t11029.htm

 #ツイッター情報

 マーちゃん ‏@konoyooikiru
宮城県白石市 8000ベクレル以上の焼却灰、仮置き場難航のため住宅敷地内に放置されたまま。http://www.kahoku.co.jp/news/2013/01/20130124t11029.htm … @kahoku_shimpo  1060世帯が風呂や暖房に薪を使用。1世帯当たり月1袋(50ℓ)の焼却灰を排出、6割程度が8000ベクレル超。←驚愕
 (東海アマ氏がリツイート)

Posted by 大沼安史 at 09:36 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔被曝地 死の灰アッシュヴィッツ〕 宮城県・白石市 「焼却灰仮置き場」設置で住民たちが苦悩 市内世帯9% 1060世帯が薪を使用 その焼却灰のなんと約6割 キロ8000ベクレルを超える指定廃棄物 / 丸森町は2月から8000ベクレル以下の焼却灰の回収を開始。8000ベクレル超の灰は引き続き家庭で保管するよう求める/ 七ケ宿町は昨年6月、役場敷地内に仮置き場を設置。町内の家庭から回収した8000ベクレル超の焼却灰約67キロをコンクリート製の容器で保管 ◇ 東電本社とエネ庁あて、着払いの宅配便で送り返したら?: