« 〔ブログNEWS〕 2011年3月12日 双葉町は1.5mSV/h超だった! これは下記写真の D区域の装備が必要なレベル! / 井戸川町長、緊急入院! 3・12 双葉町には「白い雪」が降り注いだ!  | トップページ | 〔ジャック天野の㊙USOスクープ!〕 韓国大統領就任式に招待されなかった安倍首相 慰安婦問題で、瀬戸内寂聴さんを政府特使として派遣へ/ 「ナヌムの家」も訪問 / 昭恵夫人も同行/ 稲田朋美氏も閣僚を代表して参加 / ◇ 大沼 安倍首相よ、あなたの国を思う心を、韓国へも向けよ! »

2013-01-22

〔東京新聞・筆洗・コラム〕 ……東日本大震災が起きると、テレビの前で手を合わせながら、こんな詩を書いた▼<私も出来ることは/ないだろうか? 考えます/もうすぐ百歳になる私/天国に行く日も/近いでしょう/その時は 陽射しとなり/そよ風になって/皆様を応援します>。トヨさんは百一歳で天国へ旅立った。今は、そよ風となっているだろう。/◇春よ、来い! 風よ、来い!

 ◇は大沼 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2013012202000113.html

◎ 同じ柴田トヨさんのことを書いても、朝日の「天声人語」は、例によってこんなザマだ。素直でない。素敵でない。

 この筆者、どうしてこんなに――いつもいつも感性と表現力に乏しく、ギコチナクて、偉そうな、カッコばっかつけた、トッピでアヤをつけた言葉づかいしかできないのだろう!??? 人を見下して書くから――うぬぼれが強いから(その分、批判される怯えも強いから)、そうなるのかも???! 
 → http://www.asahi.com/paper/column.html

  ……▼おととい101歳で亡くなった詩人、柴田トヨさんの「くじけないで」に、次の一節がある。〈陽射(ひざ)しやそよ風は/えこひいきしない/夢は/平等に見られるのよ〉。ずっと若い人が、同じ感性を持てぬ理由はない▼人間には、自らいたわればトヨさんのように、100年を超えて輝く力が備わっている。くじけずに全うする天寿は、愛し、愛された者への小さな花束ともなろう。心まで冷える冬は、誰にも巡り来る日だまりを飛び石にして。

 ◎ 首都圏の人は東京新聞をとろう! あざとくて偉そうな朝日はやめて、東京新聞にしよう!

Posted by 大沼安史 at 08:08 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔東京新聞・筆洗・コラム〕 ……東日本大震災が起きると、テレビの前で手を合わせながら、こんな詩を書いた▼<私も出来ることは/ないだろうか? 考えます/もうすぐ百歳になる私/天国に行く日も/近いでしょう/その時は 陽射しとなり/そよ風になって/皆様を応援します>。トヨさんは百一歳で天国へ旅立った。今は、そよ風となっているだろう。/◇春よ、来い! 風よ、来い!: