« 〔福島民報〕 「県産農産物のタイ輸出を本格化 世界に安全性アピール ナシ、カキ追加」/「東京電力福島第一原発事故以降、国外で唯一、受け入れているタイへの輸出拡大を通し、中国や台湾などへの輸出再開につなげる」 | トップページ | 〔市民ジャーナリズム〕「ラジオ・フォーラム」スタート!/「原発問題など、社会問題を粘り強く報じ多くの支持を集めながら昨年9月に放送が終了した毎日放送(大阪市)の報道番組「たね蒔きジャーナル」を引き継ぐ番組を作ろうと、市民によって準備されてきた「ラジオ・フォーラム」が1月12日、放送を開始した」/12日の初回放送では、……小出裕章氏が特別ゲストとして出演。福島第一原発事故の現状や安倍新政権での原発政策などについて解説した。 »

2013-01-17

〔週刊金曜日〕原発推進IAEAが健康評価で主導権――住民の批判無視し福島で会議(昨年12月15~17日)/ 地元説明会で30代の女性は言った、「事故があった福島で原子力『安全』に関する会議とは何だ。『危険』に関する会議ではないのか」/「私たちはIAEAが福島に来ると知って勉強した。1959年にWHO(世界保健機関)とIAEAが結んだ協定を知っているのか」50代女性がそう質問すると、外務省は何と「59年の協定については知りません。不勉強ですみません」と回答した。……

 → http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130117-00000301-kinyobi-pol

Posted by 大沼安史 at 09:19 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔週刊金曜日〕原発推進IAEAが健康評価で主導権――住民の批判無視し福島で会議(昨年12月15~17日)/ 地元説明会で30代の女性は言った、「事故があった福島で原子力『安全』に関する会議とは何だ。『危険』に関する会議ではないのか」/「私たちはIAEAが福島に来ると知って勉強した。1959年にWHO(世界保健機関)とIAEAが結んだ協定を知っているのか」50代女性がそう質問すると、外務省は何と「59年の協定については知りません。不勉強ですみません」と回答した。……: