« 〔日本政権の劣化、許容レベル超え〕 岸田外相 クリントン国務長官との会談後、「尖閣で、日本は譲歩しない」と、またも明言 / ただし中国を挑発ぜず、とも! /クリントン長官 「対話で解決を」求める! 「中国と議論をしていることは、よいこと」/◇ 大沼 岸田氏に対する、ヒラリーの扱いは「このバカが、何言ってる!」といった態度だ! 安倍オボッチャマ君内閣の無能さに、米政権はあきれ果てている! | トップページ | 〔ジャック天野のUSO通信〕 安倍首相 (鳩山元首相に負けじと) ソウル、南京 歴訪を決断! 「慰安婦、南京虐殺、〈歴史的事実ではございません〉 説得へ」 »

2013-01-19

〔米政府、安倍おぼっちゃま君内閣の火遊びにお仕置き〕「米政府、日本に中国の緊張緩和に向け冷静な対応要請」/「尖閣問題について日本、中国いずれも批判せず、日中どちらに責任があるのかとの記者団の質問に対して中立の立場を維持した。また、日本はどのような行動をとるべきかとの質問には、「我々は領有権問題をめぐるいくつかの行動には懸念を抱いている」と答え、尖閣諸島問題への懸念をにじませた」

 ウォールストリート・ジャーナル(日本語) → http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323284004578248370006172006.html

Posted by 大沼安史 at 03:24 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔米政府、安倍おぼっちゃま君内閣の火遊びにお仕置き〕「米政府、日本に中国の緊張緩和に向け冷静な対応要請」/「尖閣問題について日本、中国いずれも批判せず、日中どちらに責任があるのかとの記者団の質問に対して中立の立場を維持した。また、日本はどのような行動をとるべきかとの質問には、「我々は領有権問題をめぐるいくつかの行動には懸念を抱いている」と答え、尖閣諸島問題への懸念をにじませた」: