« 〔グンダーセンさんが警告〕 フクイチの核燃プールのコンクリート 海水注入でダメージ ⇒ 地震で割れ、水が抜け、核燃料が燃え、日本は、数世紀にわたり、半分に切り取られる!/ アメリカ基準で東京の街は「放射性廃棄物ストリート」! 新潟へ流れ下る川も汚染された! | トップページ | 〔パティ・ペイジさん 追悼〕 ♪ The End Of The World »

2013-01-02

〔東京新聞 「筆洗」 元旦コラム〕「予は下野(しもつけ)の百姓なり」。田中正造の自伝はこの言葉から始まる。「小中の土百姓」「溜(ため)(下肥)かつぎ営業」とも自称した。国会議員になっても、辞めた後も生涯一農民という認識は変わらなかった……今年は正造の没後百年になる。五年ぶりに再登板した安倍政権は自らの原発政策への反省や検証もないまま、民主党政権が決めた二〇三〇年代に原発ゼロという方針を覆し、原発の新増設さえ視野に入れる。正造が生きていたら、「加害者が何を言う」と一喝するだろう……

 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2013010102000082.html

Posted by 大沼安史 at 04:43 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔東京新聞 「筆洗」 元旦コラム〕「予は下野(しもつけ)の百姓なり」。田中正造の自伝はこの言葉から始まる。「小中の土百姓」「溜(ため)(下肥)かつぎ営業」とも自称した。国会議員になっても、辞めた後も生涯一農民という認識は変わらなかった……今年は正造の没後百年になる。五年ぶりに再登板した安倍政権は自らの原発政策への反省や検証もないまま、民主党政権が決めた二〇三〇年代に原発ゼロという方針を覆し、原発の新増設さえ視野に入れる。正造が生きていたら、「加害者が何を言う」と一喝するだろう……: