« 〔空から歌が聴こえる〕 ♪ Jardin d'hiver  核を燃やす絶望の「赤」を、自然の恵みの希望の「緑」へ | トップページ | 〔ニューヨーク・タイムズ〕 「志賀塗装」(いわき市)の「高圧洗浄を使わない安全で効果的な除染テクノロジー」 認証されたにもかかわらず、2ヵ所で採用されただけ/ 日本政府・福島県庁から政治コネで1兆円もの事業の大半を丸投げされた大手ゼネコンは、「被曝の危険さえある原始的な(primitive — even potentially hazardous)」やり方を「手抜き(cut corners )」採用! / ◇「除染」まで、しゃぶりつくす、フクシマ核惨事被曝地の悲劇的な実態 全世界拡散開始! »

2013-01-09

〔‘除染’作業員が、メールで訴え〕 福島田村市の除染現場で昨年11月5日から12月28日まで働いたという50歳の男性 《確かに「手抜き」は横行していました。しかしほとんどの作業員は「それが当たり前」であり、自分たちが「手抜きをしている」という自覚さえ希薄でした》/《「はやく作業を終えろ」と追い立てられ、それに抗すれば、仕事を干されないまでも仲間うちから孤立してしまう。氷点下の山間の現場で、そのような状況に置かれる事は心細いものがあったでしょう》/◇ 冬の被曝地、どこまで続く、死の灰のぬかるみ! 

  ◇‘除染’一兵卒は辛い! 「南京」に続く中国戦線も同じようなものだったろう! 「お偉いさん」は命令、下すだけ!

 ◎ ソース:朝日デジタル(ヤフー) 「手抜き除染、自覚さえ希薄」 作業員から告白メール(◇は大沼)
 → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130109-00000005-asahi-soci

Posted by 大沼安史 at 10:24 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔‘除染’作業員が、メールで訴え〕 福島田村市の除染現場で昨年11月5日から12月28日まで働いたという50歳の男性 《確かに「手抜き」は横行していました。しかしほとんどの作業員は「それが当たり前」であり、自分たちが「手抜きをしている」という自覚さえ希薄でした》/《「はやく作業を終えろ」と追い立てられ、それに抗すれば、仕事を干されないまでも仲間うちから孤立してしまう。氷点下の山間の現場で、そのような状況に置かれる事は心細いものがあったでしょう》/◇ 冬の被曝地、どこまで続く、死の灰のぬかるみ! :