« 〔フクシマ・ダイアリー〕 ‘故障’の2号機温度計 20日午前11時 208度Cを記録 翌21日午前11時には201.5度C/ ◇ なんか故障してない感じなんだけど! | トップページ | 〔3号機爆発を解明〕 2011年3月14日の爆発は、① 3号炉爆発、⇒ ② 3号炉付属設備の爆発 ⇒ ③ 1・2号稀ガス処理装置建屋の爆発の3連続爆発/ 「イソップ」岩田清さんが画像処理技術などを駆使して解明!/ ① 3号炉の爆発(ガンダーセン氏が唱えた核燃料プールの爆発ではなく、原子炉の核爆発) ② 3号炉付属設備に溜まっていた放射能物質が中性子供給されて連動した爆発 ③ 1・2号稀ガス処理装置建屋の「活性炭式カートリッジ」に溜まっていた放射能物質が、中性子供給されて連動した爆発 ――の「3本立」です »

2013-01-22

〔フクシマ・ダイアリー〕 ◇ 被曝分水嶺 / 榛名湖ワカサギ 絶滅の危機/ 「検査には合わせて200グラム、およそ100匹のワカサギが必要ですが、21日はわずか1匹にとどまり、漁協では22日以降もワカサギの捕獲を行うことにしています」

 ◇は大沼 → http://fukushima-diary.com/2013/01/japanese-pond-smelt-gone-nearly-extinct-in-haruna-lake-gunma-cant-even-find-a-sample-for-radiation-test/
 ◎ ソース NHK → http://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/1064835112.html?t=1358767474603

Posted by 大沼安史 at 07:15 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・ダイアリー〕 ◇ 被曝分水嶺 / 榛名湖ワカサギ 絶滅の危機/ 「検査には合わせて200グラム、およそ100匹のワカサギが必要ですが、21日はわずか1匹にとどまり、漁協では22日以降もワカサギの捕獲を行うことにしています」: