« 〔被曝地 死の灰 アッシュヴィッツ〕 除染作業員を違法解雇 大雪で中断、再開めど立たず/ 真冬の除染 苛酷な作業 「山間部で雪をかき分けて新たに取り除くのは困難な状況だ。住宅地も積もった雪が凍結した場所が多く、洗浄に使う水も凍り付くため、本格的な作業再開は3月以降になる見通しだ」 | トップページ | 〔被曝地 死の灰アッシュヴィッツ〕 捕獲牛の体内セシウム 「筋肉に蓄積する放射性セシウムの量は血液中のセシウムの約21倍に!」 東北大学加齢医学研究所の福本学教授のグループが解明、24日付けの米科学誌「プロスワン」で発表 血液との相関、明らかに! 膀胱は15・2倍、腎臓は11・8倍、肝臓は7・8倍/◇ 「牛を処理する前に血液から肉の汚染状況が分かる」というが、人間だって同じ! 血液検査を実施すべきだ!/★「放射性銀110mが肝臓に、テルル129mが腎臓に特異的に集積していることも判明」 »

2013-01-25

〔被曝地 死の灰アッシュヴィッツ〕 〈フクシマ・ダイアリー〉が世界拡散報道 / 東北大学チーム フクシマ被曝地のお母さん乳牛(妊娠中)3頭を検査 放射性セシウム おなかの赤ちゃんに移転し、より濃厚に蓄積!(1.19倍)/ ◇ ああ、人間だって同じこと!

 → http://fukushima-diary.com/2013/01/tohoku-university-radiocesium-is-more-concentrated-in-the-fetus-than-in-the-mother-of-fukushima-cattle/

Posted by 大沼安史 at 08:59 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔被曝地 死の灰アッシュヴィッツ〕 〈フクシマ・ダイアリー〉が世界拡散報道 / 東北大学チーム フクシマ被曝地のお母さん乳牛(妊娠中)3頭を検査 放射性セシウム おなかの赤ちゃんに移転し、より濃厚に蓄積!(1.19倍)/ ◇ ああ、人間だって同じこと!: