« 〔被曝地・こども受難〕千葉県我孫子市が小学校入学予定者に甲状腺検査! 「フクシマ・ダイアリー」が英仏語で世界拡散報道 / ただし視診と触診だけ / 春にも市内19の小中学校で在校生全員の検査実施へ | トップページ | 〔被曝地・こども受難〕 福島の中学生 服や頭髪も放射能汚染! 「体全体で500ベクレル超を背負っている」! 南相馬在住、「安心安全プロジェクト」の吉田那博さんが怒りの測定報告! »

2013-01-30

〔被曝地・こども受難〕 福島県立医大 鈴木真一教授 「チェルノブイリ原発事故で唯一の健康被害が甲状腺がん」と言明! 鈴木教授の発言 英仏訳(フクシマ・ダイアリー)で全世界拡散開始! 28日 いわき市での子ども甲状腺検査 住民説明会で!

 ◎ 毎日新聞 → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130128-00000013-mailo-l07
 ◎ フクシマ・ダイアリー → http://fukushima-diary.com/2013/01/fukushima-medical-university-the-only-health-problem-caused-by-chernobyl-was-thyroid-cancer/

 毎日はこう報じている。

 福島第1原発事故当時の18歳以下の子どもを対象にした甲状腺検査で、県立医大による住民説明会が27日、いわき市で開かれた。住民ら約50人が参加し、検査責任者の同大、鈴木真一教授が調査概要を説明。不安を抱える保護者らが次々と質問を寄せた。

 3人の子がいるという女性から「他の臓器の検査はしないのか」との質問に、鈴木教授は「甲状腺を調べるのは、チェルノブイリ原発事故で唯一の健康被害が甲状腺がんだった。避難生活で精神疾患が増えたとの報告もあり、福島でも『こころの健康度調査』を行っている」と回答。また、甲状腺の病気の一種「橋本病」(機能低下)を患っている女性から「事故は病気に影響があるか」との質問には、「橋本病は悪くはならないが、ヨウ素を取りすぎると具合が悪くなる心配がある」と回答した。

 検査は11年10月に始まり、昨年11月1日現在で11万4471人が1次検査を終えた。

 今後の説明会は▽二本松市安達文化ホール=2月10日午後1時半▽白河市文化センター=同24日午後2時半▽伊達市保原市民センター=3月10日午後1時半▽会津若松市の会津大講堂=3月24日午後1時半。【神保圭作】
1月28日朝刊

Posted by 大沼安史 at 10:17 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔被曝地・こども受難〕 福島県立医大 鈴木真一教授 「チェルノブイリ原発事故で唯一の健康被害が甲状腺がん」と言明! 鈴木教授の発言 英仏訳(フクシマ・ダイアリー)で全世界拡散開始! 28日 いわき市での子ども甲状腺検査 住民説明会で!: