« 〔イタリアの御用地震学者に有罪判決〕 2009年、300人以上が死亡したイタリア中部ラクイラ地震 / ラクイラ地方裁判所が判決文を公表 /「メディア操作」を図る政府に学者が癒着し、批判せずに従ったことで、法や市民によって課された「チェック機能」としての役割が失われたと厳しく批判した。「被告らの怠慢が市民に安心感を広げ、慎重に対応していれば救えた命を失わせた」と認定した。 / ◇ 同じことが「フクイチ核惨事」についても言えるのではないか?  | トップページ | 〔「白い雪」被曝の井戸川・双葉町長〕 「頭が痛い」と訴え、20日、郡山市内の病院に入院 /◇ 大沼 井戸川氏は連日の鼻血に苦しんでいた! がんばってください! なんとしても再選町長として、被曝地の人々のために、がんばってください! »

2013-01-20

〔ヒラリー国務長官 安倍政権の「尖閣火遊び」消し止める!〕「尖閣」――対話による平和解決を日中に求める!/ 「尖閣」をめぐる米政府の公式の立場について、日米外相会談後の記者会見(18日)であらためて言明 / 「米国は、〈尖閣〉をめぐる最終主権がどの国に帰属するか、判断するポジションはとらない」/ 「ただし、〈尖閣〉は現在、日本政府の統治下にあり、日本政府の立場をそこなう、いかなる一方的な行動にも反対する」/ 中国を「友人たち(our Chinese friends)」と表現!

 岸田外相、安倍政権の‘イケイケドンドンなりゆきまかせ自爆路線’を撤回! 「われわれは中国を挑発しないよう静かに対応したい」 米国に恭順の意、表明!

 we intend to respond calmly so as not to provoke China.

 米国務省サイト 共同記者会見 テキスト → http://www.state.gov/secretary/rm/2013/01/203050.htm

 ・I reiterated longstanding American policy on the Senkaku Islands and our treaty obligations. As I’ve said many times before, although the United States does not take a position on the ultimate sovereignty of the islands, we acknowledge they are under the administration of Japan and we oppose any unilateral actions that would seek to undermine Japanese administration and we urge all parties to take steps to prevent incidents and manage disagreements through peaceful means.

 ・And I reiterated, as I have to our Chinese friends, that we want to see China and Japan resolve this matter peacefully through dialogue, and we applaud the early steps taken by Prime Minister Abe’s government to reach out and begin discussions. We want to see the new leaders, both in Japan and in China, get off to a good start with each other in the interest of the security of the entire region.

◇ このヒラリーの記者会見での言明を読んだ人は、日本のマスコミの報道に首をかしげるはずだ。

 たとえば、読売新聞は、こう報じている。→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130119-00000421-yom-pol

  ……クリントン氏は、中国が領有権を主張する尖閣諸島(沖縄県石垣市)について、「日本の施政権を損なおうとするいかなる一方的な行為、行動に反対する」と述べた。尖閣諸島が日米安全保障条約の適用対象となるとの米政府の立場を改めて伝え(注・大沼 米側はそこまで踏み込んで言ってはいない。安保条約を特定せず、ただ、一般論的に、条約上の義務はある、と言っているだけだ )、尖閣諸島周辺で繰り返される中国の挑発行為をけん制した。

 岸田氏は長官の発言を評価し、「(日本は)中国側を挑発せず、冷静に対応する」と述べた。……

 ふーん、トーンがまるで違う!

 上記、ヤフーNEWSの読売記事が、読売本紙(20日付け朝刊)でどう扱われているか、たしかめたら、2面の目立たないところに、3段見出しで(こっそり?)掲載されていた。

 イケイケドンドンの旗を振って来たのが、米政府に冷や水を浴びせかけられ、こそこそ尻尾を巻いて(それでも負け犬となったことを認めることができず)、犬小屋の中に退散したような無様さ!

Posted by 大沼安史 at 07:54 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔ヒラリー国務長官 安倍政権の「尖閣火遊び」消し止める!〕「尖閣」――対話による平和解決を日中に求める!/ 「尖閣」をめぐる米政府の公式の立場について、日米外相会談後の記者会見(18日)であらためて言明 / 「米国は、〈尖閣〉をめぐる最終主権がどの国に帰属するか、判断するポジションはとらない」/ 「ただし、〈尖閣〉は現在、日本政府の統治下にあり、日本政府の立場をそこなう、いかなる一方的な行動にも反対する」/ 中国を「友人たち(our Chinese friends)」と表現!: