« 〔被曝地 死の灰アッシュヴィッツ〕 宮城県・白石市 「焼却灰仮置き場」設置で住民たちが苦悩 市内世帯9% 1060世帯が薪を使用 その焼却灰のなんと約6割 キロ8000ベクレルを超える指定廃棄物 / 丸森町は2月から8000ベクレル以下の焼却灰の回収を開始。8000ベクレル超の灰は引き続き家庭で保管するよう求める/ 七ケ宿町は昨年6月、役場敷地内に仮置き場を設置。町内の家庭から回収した8000ベクレル超の焼却灰約67キロをコンクリート製の容器で保管 ◇ 東電本社とエネ庁あて、着払いの宅配便で送り返したら? | トップページ | 〔東電 フクイチ「処理水」太平洋垂れ流し・大放流開始を宣言〕 共同電(英文) 世界拡散開始! ENEニュースが警告報道! / 処理水の貯蔵能力限界に / 苦し紛れの放出の実態、国際社会の知るところに!  »

2013-01-25

〔東電 フクイチ「処理水」太平洋垂れ流し・大放流開始を宣言〕 米ネット・メディア Enformable が全世界警告報道 /「処理」とはいっても、高濃度のものを「かなり減らすだけで完全な除去ではない!」/◇ 垂れ流し・大放流はこの先、何年も、何十年も、何百年も(あるいはもっと)続くことになるのか! 太平洋・死の灰の海・アッシュヴィッツ化 海外から環境訴訟、巨額の賠償請求が相次ぐことになりそうだ!

 By “processing”, TEPCO means once-high radioactive content has been reduced considerably, but not completely

 ◇は大沼 ◎ エンフォルマブル → http://enformable.com/2013/01/tepco-plans-to-dump-water-stored-at-fukushima-daiichi-into-pacific/
 ◎ 東京新聞 → http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013012401001798.html

 東京新聞はこう報じている。

 東京電力は24日、福島第1原発で増え続けている放射性物質を含んだ汚染水について、処理装置で放射性物質を除去した後に海に放出する方針を明らかにした。廃炉計画が妥当かを議論する原子力規制委検討会で説明した。地元の反発も予想され実現は不透明。

 東電は「法令で定められている濃度未満に処理し、関係者の合意を得ながら行う」と説明。これまでは「関係省庁の了解がなければ行わない」としていた。

 福島第1原発では、原子炉に注水し燃料を冷却。使い終わった水は放射性セシウムを除去して再び原子炉で循環させている。原子炉建屋には汚染水が増加、貯蔵タンクを追加設置してしのいでいる。(共同)

Posted by 大沼安史 at 10:08 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電 フクイチ「処理水」太平洋垂れ流し・大放流開始を宣言〕 米ネット・メディア Enformable が全世界警告報道 /「処理」とはいっても、高濃度のものを「かなり減らすだけで完全な除去ではない!」/◇ 垂れ流し・大放流はこの先、何年も、何十年も、何百年も(あるいはもっと)続くことになるのか! 太平洋・死の灰の海・アッシュヴィッツ化 海外から環境訴訟、巨額の賠償請求が相次ぐことになりそうだ!: