« 〔除染しても1年後には元の木阿弥〕 千葉県松戸市 放射線量が上昇 公園を再除染 / NHK「除染を終えたおよそ310の公園について、市が去年11月から改めて放射線量を測定したところ、28の公園では再び値が高くなり、地上から50センチの高さで1時間当たり0.23マイクロシーベルトという国の基準を超えていたことが分かりました。このうち子どもたちが集まる広場や遊具の近くの値が基準を超えていたのは18の公園で、1時間当たり0.41マイクロシーベルトと、基準の2倍近くに上っていた場所もありました」 | トップページ | 〔EXSKF〕 ◇ 宮城・牡鹿半島の放射能は、フクイチ1号機から放出されたもの! / 東大大学院の小豆川勝見・助教がツイッターで報告「牡鹿半島は12日の1号機汚染であることを実証する結果が得られましたので論文化して査読中です。その他、福島県内の2,3号機の寄与を分けていますが、まだ完全なものではありません」/ 牡鹿まで飛んだ1号機の死の灰を、「広域焼却」でわざわざ東京などに運び込み、地域に住む人々に向かって再放出している、日本の当局の、この犯罪的・非人道的な愚の骨頂に、歴史の時効も、罪の半減期もない! »

2013-01-16

〔田中龍作ジャーナル〕 追及する記者を指名しない石原環境相の会見/ フリーランスの上出義樹記者がこれに風穴を開けた。「前回の記者会見で朝日新聞の記者が一所懸命手をあげているのに指名されなかった。石原大臣が逃げているように見えた。国民のためにも大臣は説明責任を果たすべき」。上出記者はこう追及した。石原大臣は「限られた時間で多くの記者の質問に答えなければならない。CO2の問題で危機意識が強い…」などと説得力のない釈明をした。返答に窮し、苦し紛れに言葉を連ねたのである。

 → http://tanakaryusaku.com/2013/01/0006357
 ◇大沼 上出さん、おひさしぶり! 敬意を表します!

Posted by 大沼安史 at 10:20 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔田中龍作ジャーナル〕 追及する記者を指名しない石原環境相の会見/ フリーランスの上出義樹記者がこれに風穴を開けた。「前回の記者会見で朝日新聞の記者が一所懸命手をあげているのに指名されなかった。石原大臣が逃げているように見えた。国民のためにも大臣は説明責任を果たすべき」。上出記者はこう追及した。石原大臣は「限られた時間で多くの記者の質問に答えなければならない。CO2の問題で危機意識が強い…」などと説得力のない釈明をした。返答に窮し、苦し紛れに言葉を連ねたのである。: