« 〔フクシマ・ダイアリー〕 3号機 12日から冷却停止 18日まで 大地震の可能性が報じられる中……「想定外」の東電! / バルブ交換・追加作業 | トップページ | 〔フクシマ・ダイアリー〕 「オイラ達作業員は、時々みんなで飲み会があるんだけど、その時にオイラがみんなに質問する事があるんだ。それは「もし、3.11みたいな地震が作業中に来たらどうする?」って、そしたら約8割の人が「そのまま汚染車で正門突破して、ひたすら逃げる」って答えだったでし」/ フクイチ作業員のツイッター報告 英仏訳で全世界拡散 »

2012-12-14

〔フクシマ・ダイアリー〕 南相馬 マツタケ 2万5550ベクレル! /イノシシ 1万980ベクレル!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/25550-bqkg-of-cesium-from-matsutake-mushroom-10980-bqkg-from-wild-boar-from-minamisoma/
◎ ソース 毎日新聞 7日付け 南相馬でマツタケから2万ベクレル超セシウム /福島
 → http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20121107ddlk07040079000c.html

 毎日は以下のように報じている。

 南相馬市は、6日の市災害対策本部会議で、10月に実施した自家消費用食品の放射能簡易分析結果を公表した。市内8施設に持ち込まれた1243件のうち674件から放射性セシウムを検出。マツタケから2万ベクレル超を検出するなど253件が新基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超えた。

 放射性セシウムを蓄積しやすいとされるキノコの季節を反映し新基準値の100倍を超える高濃度を検出した。一部は調理した状態で持ち込まれたが、同市産の野生キノコは摂取・出荷が制限されており、注意が必要だ。

 キノコ類は、マツタケ(原町区横川)同2万5550ベクレル▽ウラベニホテイシメジ(同区上高平)同1万310ベクレル▽イノハナ(同区大原)同5020ベクレル▽アミタケ(鹿島区橲原)同4370ベクレル−−など。キノコ類をよく食べるとされるイノシシの肉(同区上栃窪)も同1万980ベクレルだった。

Posted by 大沼安史 at 06:49 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・ダイアリー〕 南相馬 マツタケ 2万5550ベクレル! /イノシシ 1万980ベクレル!: