« 〔フクシマ・ダイアリー〕 秋田・横手市 こどもたちの尿から放射性セシウム 0.1 Bq/Kgも!/◇ ああ、秋田のこどもたちも! | トップページ | 〔フクシマ・ダイアリー〕 徴兵制 フクシマ被曝労働の潜在供給源に(Conscription is the potential system to make Japanese citizen go to Fukushima mandatorily.)/ 憲法改悪で「強制被曝」を合法化(In short, conscription can make all of us forcibly exposed.) »

2012-12-22

〔被曝地・棄民 NEWS〕 あのSPEEDI「隠し」の福島県庁が、またも! 乳歯保存拒絶の材料探し 検討委に依頼

 ◎ソース 毎日新聞(19日付け) → http://mainichi.jp/select/news/20121219k0000m040142000c.html

 毎日は以下のように報じている。

 ◇ 福島被ばく調査:乳歯保存拒絶の材料探し 検討委に依頼

 東京電力福島第1原発事故による子供の内部被ばくを調べるための乳歯保存を巡り、福島県議が昨年秋の県議会で質問通告した際、保存を拒否できる見解の提供を、県が県民健康管理調査の検討委員会委員にメールで求めていたことが分かった。県はメールに乳歯保存を「反原発命(いのち)の方の主張」と記述。同委員会を巡っては、事前に秘密会を開いて意見調整していた問題などが発覚したが、県が特定意見を排除するため委員らを利用しようとした実態も浮かんだ。

 原発事故で放出される放射性物質「ストロンチウム90」はカルシウムに似た性質を持つため骨や歯に蓄積しやすいとされる。このため柳沼(やぎぬま)純子県議(自民)は昨年9月、「将来的にストロンチウム90の内部被ばくを分析するため、事故後に抜けた子供の乳歯の保存を県民に呼びかけてはどうか」との質問を県側に事前通告した。

 関係者によると、通告を受け、検討委の事務局を務める県保健福祉部の担当者が、乳歯保存について「あまり意味はないといった知見・情報はないでしょうか?」と呼びかけるメールを検討委の委員らに一斉送信。「質問議員(がそう)ではないですが、反原発命の方の主張でもあるようで、あまり乗る気になれない質問です」などと記していた。

 県の要請に委員側が応じたかどうかは不明だが、柳沼議員は昨年10月4日の県議会本会議で一般質問。当時の保健福祉部長は「(乳歯保存の)有用性について専門家の間でもさまざまな意見があるものと承知している。放射性物質の飛散の状況や専門家による研究、議論も参考にしながら研究していきたい」と答弁した。しかしその後、県は乳歯保存を呼びかけず、検討委でも議論されていない。

 当時の部長は取材に「何と答弁したかすら覚えていない。専門家に意見を聞いてくれと(担当者に)言ったかもしれないが、誰にどんなメールを流したかは聞いていない」と説明。担当者はメールについて「記憶にないし、確認もできない」と述べた。柳沼議員は「後ろ向きな答弁とは思っていたが、裏でこんなことをしていたとは県民をばかにしている」と話している。【日野行介】

Posted by 大沼安史 at 07:35 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔被曝地・棄民 NEWS〕 あのSPEEDI「隠し」の福島県庁が、またも! 乳歯保存拒絶の材料探し 検討委に依頼: