« 〔フクシマ・ダイアリー〕 南相馬  「黒い物質」 セシウム合計 43,351,614 Bq/Kg ! つまり……なんと、4335万ベクレル! /「フクシマ・ダイアリー」が速報! ENEニュースが驚きの世界拡散報道! | トップページ | 〔田中龍作ジャーナル〕欧米・アジアの環境活動家ら 「日立の原発輸出にノー」/ 日立の本社ビル前に横断幕を広げた。「日立はリトアニアの意志を尊重せよ」とリトアニア語で/日立は米ミシガン州のエリー湖岸に原発を建設するための許認可を求めている。ガンター氏は原子力規制委員会(NRC)に建設を認めないよう働きかける活動を展開中だ/「日立製作所 情報・通信システム社 ITプラットフォーム事業本部 開発統括本部」のエンジニア、朴鐘碩(パク・ソンチョク)氏は、日立の社長と会長宛てに「原発輸出を止めるよう」手紙を書いた。 »

2012-12-19

〔EXSKF〕 自民党 投票総数の42%で ⇒ 3分の2議席をゲット! 有権者総数では、わずか25%で / 東京新聞 「自民党は、有権者全体に占める得票率の三倍以上の議席を獲得。信じられないような世論との乖離(かいり)が生じた」「最大の争点の一つだった原発政策で《原発ゼロ》を公約する政党が小選挙区で競合し、結果として原発を容認する自民党を利した形だ」/ ◇ 「4分の1」が「3分の2」に化ける 被曝ニッポン・総選挙マジック!

 → http://ex-skf.blogspot.jp/2012/12/japanese-election-ldp-managed-to-win-23.html

◎ ソース 東京新聞 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012121802000130.html?ref=rank

 東京新聞は以下のように報じている。

 ◇ 小選挙区24% 比例代表15% 自民 民意薄い圧勝
   2012年12月18日 朝刊

 
 戦後最低の投票率となった十六日の衆院選は、自民党が定数(四八〇)の六割を超える二百九十四議席を確保する圧勝で終わった。しかし小選挙区で自民党候補の名を書いたのは全有権者の約四分の一、比例代表に至っては15・99%だった。自民党の勝利は、必ずしも民意を反映したものではない。多党乱立と低投票率が自民党を利した結果であるということが、はっきり分かる。

 衆院選の投票率は小選挙区で59・32%。戦後最低を記録した。

 一方、自民党の得票率は小選挙区が43・01%。比例代表は27・62%。ただし、これは投票した人の中での比率だ。

 全有権者に占める比率は24・67%、比例代表は15・99%となる。選挙区でも比例代表でも自民党候補や党名を書いた有権者は「少数派」だ。

 ところが、自民党が獲得した議席は小選挙区で定数の79%にあたる二百三十七議席、比例代表は、同31・67%の五十七議席だった。

 現在の衆院選挙制度は、小選挙区制と比例代表の並立制を採用している。民意を集約して二大政党制に導く小選挙区制で自民党は、有権者全体に占める得票率の三倍以上の議席を獲得。信じられないような世論との乖離(かいり)が生じた。

 民主党は、小選挙区で自民党の約半分にあたる22・81%の得票だったが小選挙区での獲得議席は自民党の一割強の二十七にとどまった。ここで両党が明暗を分けた。

 このようなずれは、十二党が乱立した今回の衆院選で、多くの候補が票を食い合ったことが最大の要因。特に、最大の争点の一つだった原発政策で「原発ゼロ」を公約する政党が小選挙区で競合し、結果として原発を容認する自民党を利した形だ。

Posted by 大沼安史 at 05:59 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔EXSKF〕 自民党 投票総数の42%で ⇒ 3分の2議席をゲット! 有権者総数では、わずか25%で / 東京新聞 「自民党は、有権者全体に占める得票率の三倍以上の議席を獲得。信じられないような世論との乖離(かいり)が生じた」「最大の争点の一つだった原発政策で《原発ゼロ》を公約する政党が小選挙区で競合し、結果として原発を容認する自民党を利した形だ」/ ◇ 「4分の1」が「3分の2」に化ける 被曝ニッポン・総選挙マジック!: