« 〔フクシマ・ダイアリー〕 東日本大震災から1年9か月。福島第1原発がある福島・双葉町が役場機能を移した埼玉県加須市の旧県立騎西高校は、現在ただ一つ残る被災者の避難所だ。当初は町民1350人を受け入れ、今でも155人が暮らしている。その多くは75歳以上の後期高齢者。1日3食の弁当は9月から有料化され、出入りする弁当業者も年末年始は休業することが決まった……/◇ 原発難民のお年寄りたちの悲惨、英仏訳で全世界拡散報道! | トップページ | 〔はだしのゲン 中沢啓治さん 逝去〕 毎日新聞 / 福島県いわき市の会社員、平山文公(やすひろ)さん(41)は小学生時代に学校の図書室でゲンを読んだ。「原爆は絶対なくさなければと思った。福島は原発問題で揺れているので、核をなくさなければ、という気持ちだ。子どもたちにゲンを伝えていきたい」と誓った。 »

2012-12-26

〔はだしのゲン 中沢啓治さん 逝去〕 毎日新聞 /11年4月26日夜、広島市内であった自伝映画の上映会でのあいさつで東京電力福島第1原発事故に触れ、「人間の手で制御できない原発ばかりに頼るのは危険だ。これを機に自然エネルギー利用に転換すべきだ」と語った。被爆者が差別された経験から、福島でも同様の事態が起きないよう強く願った。

 → http://mainichi.jp/select/news/20121225k0000e040132000c.html

Posted by 大沼安史 at 05:05 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔はだしのゲン 中沢啓治さん 逝去〕 毎日新聞 /11年4月26日夜、広島市内であった自伝映画の上映会でのあいさつで東京電力福島第1原発事故に触れ、「人間の手で制御できない原発ばかりに頼るのは危険だ。これを機に自然エネルギー利用に転換すべきだ」と語った。被爆者が差別された経験から、福島でも同様の事態が起きないよう強く願った。: